上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
トレチノイン痩せた芸能人








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜ高城れにはあーりんやすじゃなくてももたまいを推しに選ぶのか?

o0674049312827015219.jpg











まず初めにももたまいという存在は何なのか?
それは一番”ももクロ”という存在を形作ってる
または原型となっている存在かな。
じゃあももクロという存在の本質や原型とは何なのか?
まああのワチャワチャに尽きますよね
あそこから生み出されるパワーがももクロそのもの。
もしももクロにワチャワチャだけが存在しなくて
今のようになれたかというと断固NOと言いたい。
もはやももクロに一番無くてはならないものだと。
おれはそう思う
だから俺はそうとさえ言う
お前はそうは思わない
でも俺はそう思う(by ビry)


BABMi-7CcAEGrmx.jpg







高城れにちゃんがももたまいについて思うことは、
たぶん、きっと、絶対ももクロ結成からの憧れであり、
5年経った今も変わらないこうなりたいという目標なんじゃないだろうか。
大袈裟に言えば自分の生き方を変えてくれた特別な友達。
ヤンタン覚えのエピソードですが
今のモー娘のリーダー道重さゆみちゃんは
小学生の頃友達があまりいなくて、
学校の登校時にだんごむしを数匹拾ってきては、
机の中で飼い、滑り台とかで転がして遊んでいるような変わった子でした。
そんな子にひとりの友達が出来て
その子は社交的で道重のことをどんどん自分の友達に紹介していったそうです。
そうやっていくうちに道重もだんだんと話せるようになっていき
現在の毒の吐けるアイドルに成長していきました。
彼女がいなかったら今の積極的な自分はいなかったかもと彼女は言ってます。
その出会いが無かったらどうなってたんだろうってことは
自分の人生を振りかえっても何度かありますよね。
れにちゃんにとってもももたまいとの出会いはそういうものであり
馬鹿をやる楽しさを心底教えてくれた子たちなんだと思う。


img_1460169_41311173_0.jpg

ちなみにももクロ以外で唯一積極的に面白いと思った女アイドル
ガツガツ具合はももたかぎとタメ線レベル
返しがうまく下ネタにも怯まない









インタビューや雑談の中でれにちゃんは
あーりんやすにこうなって欲しいとか
アドバイス的なことを言うのを結構見かけます。
逆にももたまいにはそういうことを言ってるイメージがそんなにありません。
これは主観でしかないので実際はわかりませんけど
そういう体で話を進めていきます。









れにちゃんはQJのインタビューの中でこう言ってます。

「玉さんは崖っぷちに追いやられた時に必ず助けてくれる人、
 なにかしら助け舟を出してくれる。だから究極に困ったときに
 助けてくれるのは玉さんなんだろうなって」

これはVS嵐で交代してくれた話とかまさにそうですよね、
夏菜子のこと以外に関しては謎多き女の子ですけど
れにちゃんのこともしっかり見てるっていうか
夏菜子とは違う好きの表し方なんだろうなって思う、玉井流の。
玉さんの気質がそうだからか分からないんですけど
れにちゃんにとっては引っ張っていってくれる、
リードしてくれる頼もしい存在。
だから助けたいじゃなくて助けられたっていう話題が出てくるんだと思う。


f4bf2364.jpg








QJのインタビューで夏菜子のリーダーぶりはどうかについて聞かれて

「もう尊敬!リーダーとしてっていうかメンバーとしてもかな。
 私がモノノフだったらきっと玉井推しになる。
 今までは夏菜子推しだって言ってたけど、もう殿堂入りしたから(笑)
 なんかもうそういう存在。ステージ上でも救ってくれるっていうか
 フォローに入ってくれるのが夏菜子ちゃんだから」

玉井推しも間違いないんだろうけど
かなこちゃんのことどんだけ好きなんだと思うようなそんな回答。
そしてここでも救ってくれる存在として夏菜子のことを思い浮かべてる。


5eaaad13_2014030316221490c.jpg









なぜれにちゃんがあーりんやすじゃなくももたまいを推しと言うのか
それはあーりんやすはこうなって欲しいと願うかわいい妹で
ももたまいはこうなりたいと目標にする、もはや姉的存在だから。
それはももたまいが優れてるからとかそういう問題じゃなくて
相性とタイミングの問題でそうなってると思ってます。
コミュケーションを苦手としていたれにちゃんにとって
そこをガンガン突き破って、自分を変えてくれるきっかけを作った
この二人の存在が絶対的なものであることは想像に難くないし
これから先メンバーの関係がどういう風になっていこうと
最初のそのイメージはれにちゃんの中で鮮烈に残ったままだと思う。


IMG_0062-1.jpg









今れにちゃんは昔のれにちゃんから殻をいくつか破り
メンバーを引っ張ろうとする意欲も見える気がします。
でもれにちゃんが悪ノリをする時
かなこ、玉井が後に続いてくれるかどうか
それがれにちゃんの物差しというか
「あ、合ってるんだ」という自信になったり
「あ、間違えたかも」とストップをかけたり
いくられにちゃんが成長しようと
ももたまいはれにちゃんにとってそういう存在であり続けるんだろうな
いや、あり続けて欲しいなってそう思います。
そうであり続けてくれたら
れにちゃんがこの先悩むことはあっても
芯がブレることは無いだろうから。


9dc924cd.jpg






れにちゃんがももたまいから人生の楽しい過ごし方を
いっぱい教えてもらったように
れにちゃんはあーりんやすに対して
何かしてあげたいと思ってるかもしれない。
だからついついアドバイス的なことが出てきてしまったりするのかも。
あの子たちに対してのももたまいに自分がなりたいと思って
背中で示そうと頑張っちゃったりしてね。
そういう目に見えない連鎖が
ももクロを強くしていくのかもなぁと思ったり。


o0800060012351708804_20140303162910f12.jpg





相互リンク様
ももクロっていいよね~
ももクロニュース
ももクロまとめのまとめ
ももいろクローバーZ - NewsPod


スポンサーサイト
[ 2014/03/03 22:34 ] QJ | TB(0) | CM(10)

いい話ですね〜!

れにちゃんにとって、推しとは、
単に好きというのではなく、
憧れや、見習うべき存在としてファンである、
ということなのでしょうね。
守ってあげたいとか、可愛いとか
そういう存在としてファンであるというのもありですが、
れにちゃんの言う推しという言葉はそっちじゃない。
おおー、すっきり分かりやすいです!

私がれにちゃん推しだと言う時は?と考えると、
守ってあげたい可愛い存在でもあり、
見習うべきところがたくさんある人格的存在でもあり。
そういう意味で、ももクロは、
ももたまいという、憧れとしてファンを獲得するメンバーと、
あーりんやすという、守ってあげたい存在としてファンを獲得するメンバーがいて、
その橋渡しをしているのが、両面を持つれにちゃん、
なーんて考えることもできるかもしれませんね!
ホント、ももクロは絶妙なバランスのメンバーだと思いますし、
やっぱり、今日もまた、
れにちゃんの二面性の素晴らしさに気づく訳です!
え?深読みのし過ぎですか?いやいや、だって、
何たって、れにちゃんですから。
[ 2014/03/04 01:22 ] [ 編集 ]

恩って大事。


管理人さんの言う通りタイミングってあるなぁと。

つまり「岐路」や「ピンチ」のときに
側にいてくれた人のことは忘れない。
あん時、こいつがいてくれてマジ助かったぁってやつ。
他の4人も「高城のおかげでさぁ」と
沢山思っているに違いないですけど。

道重さんの話もあたたかい。
生涯、恩義を忘れないのでしょう。
いい子だわ。
[ 2014/03/04 01:39 ] [ 編集 ]

この記事に関連する深い事は言えないんですが…れにちゃん 上の数枚の写真もめちゃくちゃかわいい。
でも正直 アイドルとして完璧に恵まれてはいないと思います。だからタイプじゃない人も結構多いと思う。
完璧なアイドルって全然面白くないんですよね。
完璧じゃないからこそ、それが彼女のキャラを引き出し、時には悩んで 現在の高城れにになった。
その過程を知ると彼女が歌ってるだけで泣けてくるんですよね。演歌的というか。(だからソロが演歌?)
体重オーバーでガリガリに痩せた時なんて、痛々しくて見てられない。こういう感情って、若い人には
あんまり湧かないんじゃないかな。若者より中年に好かれるアイドル。
写真だけでも色々な表情を見るけど、なんか顔の皮膚が柔らかくて、赤ちゃんみたいにいくらでも
伸びそうな感じがします。
写真とか動画とか もうただひたすらかわいいんですよね…主にそれが言いたいコメントでした。
[ 2014/03/04 19:43 ] [ 編集 ]

れにちゃんが今のようにぶっこみやら、暴走やら、とにかく切り込み隊長として何かする時、例えそれが滑るのが予想できたり、恥ずかしくなっちゃう感じの時に必ずフォローしてくれるのが「ももたまい」。
かなこちゃんはリーダーだから、玉さんは隣にいつもいるから、事の収拾に尽力wしてくれるのかなとはじめは思っていたのですが、段々感じてきたのは路上から苦楽を共にしてきた信頼・絆があるから、この二人が必ず何か拾ってくれるから、れにちゃんも思い切って前に出て行けるんではないかということ。
観察さんがおっしゃるように、れにちゃんにとっては、二人とも年下だけど、お姉さん的存在。
ももクロ結成時にこの二人がいなかったら、れにちゃんの開花?は少し遅くなっていたのかも。

あと感じるのは、ももたまいと3人でいるときの映像とか写真って多いですよね。その時のれにちゃんってホント楽しそう。嬉しそう。あーりんやすに挟まれている時とは少し、やっぱり違います。
でもたまに心配になっちゃうのは、ももたまいが仲良しすぎてそこに割って入るれにちゃんが二人から煙たがられることなんてないのかな~、と。←もうこうなると幼稚園児のお母さん目線?w
[ 2014/03/04 21:59 ] [ 編集 ]

納得。

ずばりそうかも!と思いました。

ところで話は違いますが、Bis!管理人さんが以前紹介してくれてから、気になってます。
この前とうとういいな♪と思っていた‘Fry’をmoraから取り込みました。

今日ナタリー観てたら初期メンバーの座談会が特集されてましたよ♪正統派アイドルじゃないのが
いいですね。あーりんのコマネチ話が昔の話題で少し混ざってましたね。
[ 2014/03/05 20:14 ] [ 編集 ]

わったんさんへ

> いい話ですね〜!
>
> れにちゃんにとって、推しとは、
> 単に好きというのではなく、
> 憧れや、見習うべき存在としてファンである、
> ということなのでしょうね。
> 守ってあげたいとか、可愛いとか
> そういう存在としてファンであるというのもありですが、
> れにちゃんの言う推しという言葉はそっちじゃない。
> おおー、すっきり分かりやすいです!

たぶんそうなんだと思います。
れにちゃんの永遠の推し久住小春ちゃんに対してそう思うようにね。


> 私がれにちゃん推しだと言う時は?と考えると、
> 守ってあげたい可愛い存在でもあり、
> 見習うべきところがたくさんある人格的存在でもあり。

自分は何だろうな?
ただただ支えられてる存在かな
ひたすら楽しましてくれる


> そういう意味で、ももクロは、
> ももたまいという、憧れとしてファンを獲得するメンバーと、
> あーりんやすという、守ってあげたい存在としてファンを獲得するメンバーがいて、
> その橋渡しをしているのが、両面を持つれにちゃん、
> なーんて考えることもできるかもしれませんね!

無くは無いですよね。
自分はそこまで考えてなかったですが
いろいろ考えが広がっていいですね


> ホント、ももクロは絶妙なバランスのメンバーだと思いますし、
> やっぱり、今日もまた、
> れにちゃんの二面性の素晴らしさに気づく訳です!
> え?深読みのし過ぎですか?いやいや、だって、
> 何たって、れにちゃんですから。

なんてたってれにちゃん~♪
れにちゃんに対して考えすぎって概念は無いかもですね。
れにちゃんは自由だー!
[ 2014/03/05 20:28 ] [ 編集 ]

yamaさんへ

> 管理人さんの言う通りタイミングってあるなぁと。
>
> つまり「岐路」や「ピンチ」のときに
> 側にいてくれた人のことは忘れない。
> あん時、こいつがいてくれてマジ助かったぁってやつ。
> 他の4人も「高城のおかげでさぁ」と
> 沢山思っているに違いないですけど。

ありますよね
それは偶然のようで必然なのかもしれないけど。
あの時ああじゃなかったら。
う~ん、なるべくしてなってんですかねー、人生は。


> 道重さんの話もあたたかい。
> 生涯、恩義を忘れないのでしょう。
> いい子だわ。

道重さんはただただ笑い話としてしゃべってましたけどねw
まあ感謝は忘れないでしょうね。
[ 2014/03/05 20:32 ] [ 編集 ]

たんぼのたさんへ

> この記事に関連する深い事は言えないんですが…れにちゃん 上の数枚の写真もめちゃくちゃかわいい。
> でも正直 アイドルとして完璧に恵まれてはいないと思います。だからタイプじゃない人も結構多いと思う。
> 完璧なアイドルって全然面白くないんですよね。

ミーハー層は顔で入りますからね
自分は一目ぼれなのでその理由は分かりかねるとこもあるんですが
みんなと比べて一般受けは良くないかもですね


> 完璧じゃないからこそ、それが彼女のキャラを引き出し、時には悩んで 現在の高城れにになった。
> その過程を知ると彼女が歌ってるだけで泣けてくるんですよね。演歌的というか。(だからソロが演歌?)
> 体重オーバーでガリガリに痩せた時なんて、痛々しくて見てられない。こういう感情って、若い人には
> あんまり湧かないんじゃないかな。若者より中年に好かれるアイドル。

彼女のほんとの魅力を知るには人生の経験を積んでる方が
スッと入ってくるんでしょうね。
若い子でも分かってる人は分かってるけど
やはり中年層が強いですね。


> 写真だけでも色々な表情を見るけど、なんか顔の皮膚が柔らかくて、赤ちゃんみたいにいくらでも
> 伸びそうな感じがします。
> 写真とか動画とか もうただひたすらかわいいんですよね…主にそれが言いたいコメントでした。

顔の表情柔らかいですよね
ただひたすらかわいいし面白い
思いが溜まってたんですねw
ときどき発散していってください
[ 2014/03/05 20:58 ] [ 編集 ]

れいに~さんへ

> れにちゃんが今のようにぶっこみやら、暴走やら、とにかく切り込み隊長として何かする時、例えそれが滑るのが予想できたり、恥ずかしくなっちゃう感じの時に必ずフォローしてくれるのが「ももたまい」。
> かなこちゃんはリーダーだから、玉さんは隣にいつもいるから、事の収拾に尽力wしてくれるのかなとはじめは思っていたのですが、段々感じてきたのは路上から苦楽を共にしてきた信頼・絆があるから、この二人が必ず何か拾ってくれるから、れにちゃんも思い切って前に出て行けるんではないかということ。

なんていうか遊びに関しても全力だったりとか
妙に性格がマッチするところあるんですよねこの3人。
そういう積み重ねは何にも変えがたい宝物になっていったんでしょうね。


> 観察さんがおっしゃるように、れにちゃんにとっては、二人とも年下だけど、お姉さん的存在。
> ももクロ結成時にこの二人がいなかったら、れにちゃんの開花?は少し遅くなっていたのかも。

でしょうね。
果たして開花出来てたのかなあ。
その出会うタイミングに関しては結構重要視してしまいますね。


> あと感じるのは、ももたまいと3人でいるときの映像とか写真って多いですよね。その時のれにちゃんってホント楽しそう。嬉しそう。あーりんやすに挟まれている時とは少し、やっぱり違います。

より素なんだと思います。
それはホントに初期からずっと一緒だという安心感という
タイミングのものだったり。


> でもたまに心配になっちゃうのは、ももたまいが仲良しすぎてそこに割って入るれにちゃんが二人から煙たがられることなんてないのかな~、と。←もうこうなると幼稚園児のお母さん目線?w

いやいや、そこ心配です?
むしろこの2人に割って入れるのはれにちゃんだけなんじゃないでしょうか。
しおりんも高さんとかなこのじゃれ合いはそこまで神経質じゃない気がします。
他の場合は例えば、そこからかなこを奪いたいという気持ちになるのに対して
れにちゃんとかなこの場合、しおりんの思考はそこに混ざって一緒に楽しみたい!
になるんだと思ってます。
[ 2014/03/05 21:11 ] [ 編集 ]

ぐっち。さんへ

> ずばりそうかも!と思いました。

簡潔にありがとう。


> ところで話は違いますが、Bis!管理人さんが以前紹介してくれてから、気になってます。
> この前とうとういいな♪と思っていた‘Fry’をmoraから取り込みました。
>
> 今日ナタリー観てたら初期メンバーの座談会が特集されてましたよ♪正統派アイドルじゃないのが
> いいですね。あーりんのコマネチ話が昔の話題で少し混ざってましたね。

おいいね、このタイミング最高。
何故かというと次の記事に出てくるからですw
Flyでしょうかね。moraも良く分からないですが
とりあえずいつでも聴ける環境になったということですね。
いいですよね~。
座談会は自分も気になってるんでこの後みよう♪
[ 2014/03/05 21:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/238-26bf1ddf