上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
トレチノイン痩せた芸能人








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高城れにの覚醒とこのブログの存続意義

fdgfggh.jpg












みなさんはこのブログが出来た理由は知ってますか?
それは動画が消された時が虚しすぎるので形に残るものをやりたかったり、
24USTをレビューするためなんですが、
このブログと言うよりれに推し活動自体を始めたきっかけは
れにちゃんの才能が過小評価されてると感じたため
出来るだけわかりやすくまとめてきちんとした評価をしてもらうため。
まあそこまで大それたことは思ってなかったですけど
1人でもれにちゃんの魅力に気づいて欲しくて始めました。
でもどんな記事にするかを一から考えるのって思った以上に大変で
れにちゃんの出演情報を何でもかんでもフォローするわけにもいかず
れにちゃんが特に活躍したと思うものをチョイスして
ブログを読むだけでどんな内容だったか分かるようにすることが理想です。
(常識的に購入物を詳しくやることはしませんが)
なんで急にこんな話を始めたかと言うと
こんな記事がナタリーにあがってたからです。






主要スタッフが語る「俺の藤井2014」

高城れにの覚醒


─あと特典映像を観ていたら、高城れにさんが今後この中で
  どうなっていくんだろうと(笑)後輩たちを巻き込んで、
  高城さんとその仲間たちみたいな構図ができあがっていて。

全員「あはははは!(笑)」

藤井「でも本当にすごいんですよ彼女は。目の届き方というか
    気の配り方がすごい。例えば、みんなで集まって
    「七色のスターダスト」のビデオクリップを撮ったとき、
    やっぱりちっちゃい子とかはみんなももクロとかいるとビビるんです。
    でもそういうときに彼女は自分からみんなに話しかけたり、
    あえて自分が笑われるほうにまわったりするという、
    その場の緊張感のほどき方が本当にすごいなって」

理事長「高城れには変わりましたね。覚醒したというか。
     もともとはそういうタイプじゃなかったんですよ、ひとりっ子だし。
     でも一流のプロの中で揉まれたことで「このへんまでやっていいんだな」
     っていう、やっていいこととやっちゃいけないことのスレスレのところまで
     やれる人になったんです。普通はみんなそのはるか手前で
     止まっちゃったりするんだけど。れにはプロフェッショナルになった」





─ステージ上でも「スターダストの未来は私にかかってるんで」
  っておっしゃってました、高城さん。


理事長「うん。そういう自信と多少の余裕のおかげで、
     ほかの子供たちに対しても目を配れるのかもしれないですね」

藤井「あんなに変われるんですよね。自信の裏付けというかクリアしてきた
    ステージが全然違うからやっぱりああいうふうになるんだなって。
    すごいなって思います、本当に」






─たこやきレインボーの春名真依さんが高城さんに「師匠と呼ばせてください」
  って言っているシーンもありますね。


理事長「えっ! まいまいが。そうか。れには師匠になったんだ。
     知らなかったなあ」





─でもそれを言われたとき「なんで!?」って
 ちょっと戸惑っちゃうんですよね、高城さん(笑)


藤井「あははは(笑)。素が出ちゃう!」

理事長「やっぱりそこまでプロになりきれてない(笑)」

佐藤「言われ慣れてないことを言われたから挙動不審に(笑)」

理事長「褒められることに慣れてないから(笑)
     でも高城は今すごくいいと思います」



8f0e439d-s.jpg






このインタビュアーとは気が合いそうだ(笑)
気が合うどころか最初の質問なんかまんま自分の考えすぎて・・w
このブログで高城れにの成長について何回か書いてて
それを読んだ方の中には「何を大袈裟に・・」って
思ってた方もいるかもしれません、
でもこういう文を読んだら分かるでしょ?
自分はただドキュメントをそのまままとめてるだけだって。
ほんとにれにちゃんの未来が末恐ろしいなって、
どうなっちゃうだろうという好奇心が抑えられません。
こういうことを思わせてくれる人なんか
一生のうちにそう何人も出会うもんじゃないです。
その人の生き様に惚れてしまうことなんて。
もうアイドルという範疇に収まりきらないでしょうね。
とここまで気持ちよくなってて何ですがふと考えてしまうこともあります・・・







それは最初の文に関係することなんですが
れにちゃんファンの増加率と高城れにのももクロへの貢献度が
比例してるとはとても思えないんですよね。
ああいう裏方さん的なポジションの方は
れにちゃんの凄さを語ってくれる機会が多いのですが
それはれにちゃんの成長をまざまざと見せつけられてたりするから
っていうのも大きいのだろうか?
人生を多く生きるほど人との付き合いの大事さ
難しさなんかも分かってると思います、
そんな中でれにちゃんの人との距離感の凄さは
何かとても大きな人になってしまうような
そんな期待感を抱かずにはいられないんじゃないんだろうか?
それも最初からそうだったのじゃなくて覚醒という言葉も大袈裟じゃなく
どっかの審査員風に言うとセンスはそのままに技術が格段にあがったり
技術を超えた魂の部分での革命が起こってたり
そんな曖昧な表現しか出来ないのが歯がゆいですがまあそんな感じです。







ぶっこみだけじゃなく率先して話題に入っていったり
とにかく「自分がやる!」という気概に満ち溢れてます、れにちゃんは。
やっていいことと悪いことのスレスレって表現がありましたけど
ホントそう。そりゃたまーにOB打っちゃうこともありますよ、人間だもん。
でも自分がそこを切り開いていくんだという勇気が何より素晴らしい。
誰かが押さないと物事は転がらないんだから
上っ面だけのアイドルじゃない違和感の表現者として
高城れにという人の貢献は計り知れないと思います。
それはすなわちももクロへの貢献です。






一方でれにちゃん推しはホントに少ないのか?
ということがよく話題になったりします。
川上さんがれにちゃん推しは6人だけってネタにしたりして
推しも乗っかってネタにします。
ダーツの旅でフィーチャーされた時はおいしくてありがとうと思ったし
別に嫌いじゃないです、むしろ好きなくらいです。
でも実際少ないことが証明されたりなんかしたら絶対へこむと思います、
自分もれにちゃんも(笑)
ライブ会場で自然に推し色を勘定してたり、
DVD見てても紫のサイリユウムの発色って見づらい?と思ったり
テレビの公開で客席が映れば今日は誰推しが多いなとか
考えないようにしててもどうしても思ってしまう。
川上さんもれにちゃんだからネタに出来ることだってわかってるはず
れにちゃんはちゃんと活躍してるし受け止められる度量も今はしっかりある。
これがホントに誰が見ても断トツで不人気間違いなし
みたいな子だったら絶対ネタには出来ない。
だからある意味ネタにされることも誇らしいことなんです。







さあ、そこで最初の文章に戻りますが
自分がれに推し活動を始めたきっかけが
れにちゃんの過小評価によるところだったんですが
れにちゃんの才能に惚れて2012年の夏頃初めて動画をUPして早2年近く、
その時に凄いと思ってたれにちゃんは
身近な人に覚醒したと賞賛されるまでになりました。
凄いと思ったのがさらに覚醒したのに
推しのパワーバランスはその時とあまり変わってる印象は無いかもです(笑)
何なんだろうれにちゃんって?
何でこの才能にみんな気づかないんだろう?
やっぱりアイドルは顔のタイプありき?
これ以上どんな活躍を見せたられにちゃんの推しは増えるんだろうか?
悔しいとか悲しいとか面白いとかじゃなくただただ不思議。
少ないことを前提に話を続けてるのが申し訳ないんだけどw






自分が高城れにだったとしたら
思ったような成果が出ないことに心が折れてるかもしれない。
れにちゃんは良くモチベーションが続くよなって思うけどそりゃそうだ。
れにちゃんはそんな浅ましい計算の元で動いてるわけじゃないから。
ただただ本能の赴くままだったり
どういう行動をすればその場が幸せになるか考えたり
高城れにという人生を思いっきり楽しんでるだけだもん。
彼女はそのままでいい
浅ましい計算をするのは私だけでいい。






プロになりきれないれにちゃんというオチでれにちゃんの話題は終わってたけど
そこもまた高城れにの魅力なんだよね。
凄いんだけどどこかポンコツ具合も残してくれるというか
その愛らしさがれにちゃん推しは楽しいなあと思える一因でもあります。
このブログをどこまで続けるか
それは高城れにがその実力に見合った評価を
なされるようになったと感じるときまでかな。
6人ネタも今だから笑えるけど
そんな時がくればただの嫌味になるかもしれない、
だから今のうちに思いっきり使ってたほうがいいよと
変な自信(確信)だけを引っさげて今日もれにちゃん記事を更新

結局何が言いたかったかと言えばれにちゃんの凄さを語りたかったんです。
このブログは主にそれが目的ですから(笑)
それ以上の目的はありません!


rdrrdr.jpg






雑記
この前関西テレビでつかたこレインボーっていう番組が
始まったので録画して見ました。
たこ虹が出来て1年くらいはいつまで放置してるんだろうって思ってのに
動き出しと思ったらガンガン推していくねぇ。
地方だけど地上波冠レギュラーってモノノフでも羨ましいというか
一回目の内容的にはグルメレポートだったので何とも言えないが
ももクロChanが未だにネットされないABCを思うとねぇ・・・。
当たり前っちゃ当たり前なんだけどたこ虹の初々しいことね、
ももクロも最初はこんな感じだったのかなあ
いや彼女達はもっとふてぶてしかったはずだ(笑)
たこ虹は基本みんな恥ずかしがり屋なのかなと思う中で
ピンクの小6の子が何とも堂々としてたなという印象で、
他には紫族の堀くるみちゃんの紫成分に注目してたんだけど
今のところポンコツさが伺える発言がちょいちょいあるくらいかなとw
このリーダーの子はちゃんと引っ張っていくような存在になりえるんだろうかとか
なんだか昔のももクロと重ねて考えてしまい
彼女達も姉さんなんだなあとしみじみ思いました。






関連
スタダ3Bjuniorに高城派閥?・・・何それ入りたいんだが・・・
スターダスト高城派閥もとい高城帝国建設計画進行中?3Bjuniorを高城色に染め隊
僕らの音楽 スタダアイドル祭り! 画像たっぷりにほぼ書き起こし
れに×りょうじまとめ りょうじの1推しはれにちゃん?







こちらもよろしく!
ももクロっていいよね~





相互リンク様
ももクロニュース
ももいろクローバーZ - NewsPod
【速報】ももクロまとめ
ももクロまとめのまとめ


「高城れに 成長」
スポンサーサイト
[ 2014/05/03 10:49 ] どくしょかんそうぶん | TB(0) | CM(11)

高城の前に高城なく、高城の後に高城なし

こんにちわ。

夏菜子押しで、モノノフ歴が浅い自分ですが。
れにちゃんは、本当に魅力ありますよ。

れにちゃんの実力ですが、彼女の人柄を知れば、
「この子は、絶対に更に伸びる」
と思います。

れにちゃんのにこっとした最高の笑顔に
至近距離で直撃されたことがあるので・・・・

危く、生還しましたが。
[ 2014/05/03 12:05 ] [ 編集 ]

覚醒⁈

いつも楽しく読ませてもらっていますが初コメントします。
れにちゃんは本質的な部分では変わっていないんでしょうけど、昨今、ものすごく自信に満ち溢れている様に感じます。
昨年からでしょうか、れにちゃんの代名詞でもあった激しいダンスが見られなくなった反面、斬り込み隊長として笑いやトークに磨きがかかり、そして、何と言っても綺麗になったと感じています。
誰かに恋しているんじゃないかと心配しているくらいですからね^_^… 本当にチャラいのだけはダメだから‼︎
れにちゃんの自信は一体どこから出ているんでしょう⁇
れにちゃんの本質は昔から変わっていない様に思うし、今光輝いている部分は元々持っていたものだけど、今の様に主張出来るほど自信がなく前に出られないし、メンバーや周りから何と思われるか不安でセーブしていたのではないか。
そうした中で、自分の個性を発揮するのは何かと考え、たどり着いたのが、あの激しいダンスだったのではないかと思っています。
それでは何故、本来の姿に戻ったのか?
それは、メンバーや川上さんを初めとするスタッフ、そしてファンに対して心を開くこと、その身を委ねることで得られる相互の絶対的な信頼感によるもので、米子の夜などを機に、ありのままで良いんだと思えたからなのかなと思っています。
何が言いたいのか解らなくなってきたけど、れにちゃんが、仲間やファンを信頼し、れにちゃんらしく振る舞っていることで光輝き続けるならば、そして、それを覚醒と言うならば、れにちゃんの信頼に応えるべく精一杯応援するだけです。
れにちゃんの笑顔が大好きです。
チャラい男だけは御勘弁を^_^

追伸
れにちゃん推しは多い様に感じていますが、単に紫に反応しているだけ(-。-;

[ 2014/05/03 15:20 ] [ 編集 ]

世間で ももクロの人気はこの半年位でかなり上がった感じがします。人気って、CDの売上とか
色々ありますが、そういうのではなくて国立の話題等で知名度が上がったり、わちゃわちゃ感が少し出せた番組で
まんべんなく浅く広く好感度が上がった感じでしょうか。私の感覚ですがそれを国民的というんだと思います。
 でも、国民的になっても、出版物や動画やchanみたいな番組をあさり、彼女達のアイドルとはちょっと違う
魅力を知ろうとする絶対数は少ないし、それはなかなか一定量以上は増えないと思います。
れにちゃんは特にそういうものを知らないと、理解しにくいというか。
その中で、れにちゃんの見た目も含めてタイプな人が何割か居て、やっと紫推しになる。
その何割というのは5分の1以下なのかもしれない。れにちゃんは万人向けではない感じはします。
だから、やっぱり一等賞にはなれないかな。もはやアイドルの価値ともちょっと違いますもんね。もう。
自分みたいにアイドルなんて興味ないけど、れにちゃんだけは好きというファンが多いのかもしれない。
 女性をすごく顔で評価する人っていますよね。とにかく整った顔以外はNOというか。変な事する女は拒否というか。
うまく言えませんが…そういう人にはちょっと合わないという感じ?
 スタッフの高評価は普通の人には関係ない所での話で、裏方的な貢献はディープなファンはそれを知ろうとしますが。
でも、とにかく数よりディープさでは負けてないと思うし、ももクロの中でもより人間的に愛されてるというか。
「笑顔が一番 れにちゃん」この言葉を聞くだけで感動できるアイドルなんていないし、まさに人柄ですよね。
そんなものはゴールデンのテレビではわからない。
 ディープに引き込むきっかけがこちらのブログでもあります。ここは れにワールドがわかりやすい所なので、
れに推しが増える貢献をしていると思います。見ている方としては、管理人さんやコメントのれに中毒ぶりを
読んでるだけで楽しい。
ところで、れにちゃん本人はアイドルとして、そしてファンの数として負けたくないと思ってるのかなあ?
普段の頑張りは深く考えてやってるんだろうか?もっと本能的な感覚的にやってる感じもするし。
もしれにちゃんに言えるとしたら、数は少なくても(としても)愛され方はぜんぜん負けてないって。
この先のももクロ、れにちゃんがどうなって行くのか、前例がないタイプなので楽しみです。
[ 2014/05/03 15:52 ] [ 編集 ]

顔なの??...うん、解るけど...


管理人さんのいう「顔のタイプありきなの?」に
ぶっちゃけ反応してしまう自分がいました。
それと、たんぼのたさんの考察にも賛同致します。

それらをふまえて。

きもクロ、ここんとこ出てますよね。
北川景子さんの綺麗さってすげーなぁと再認識したんです。
とりたてて彼女のファンではない私がそう思うほど。

私は、れにちゃんの「顔」好きな部類なんです。
しかし、彼女の人柄もドーンと付加された今の好きが
もうデフォルトみたいなものなので
「推し抜きなら?」をやはり想像できない...

なので過小評価に関して誤解を恐れず大胆な事を言うならば
北川景子さんがれにちゃんのように
「不思議」「全力」「ぶっこみ」「覚醒」「変顔」「菩薩」等々
れにちゃんの要素を全て持った女優さんだったとしたなら...
...今のれにちゃんが受けている評価よりは高い(注目度が)のかも
知れないなぁとか。

はずれてるかもしれませんが、
万人受けと言うか、そのへんのニュアンスで
たんぼのたさんの考察に頷くところが多かった訳なんですね。

れにちゃんの事は誰よりも好きだけど
一般的なところでの誰よりもかわいいとは思っていないと。

でもさぁ、「かわいい」より「好き」が上だろ〜!ってね。


[ 2014/05/03 23:16 ] [ 編集 ]

一読者さんへ

> こんにちわ。
>
> 夏菜子押しで、モノノフ歴が浅い自分ですが。
> れにちゃんは、本当に魅力ありますよ。
>
> れにちゃんの実力ですが、彼女の人柄を知れば、
> 「この子は、絶対に更に伸びる」
> と思います。

そうですかー。
ライブしか興味ない層とかいるかもしれなくて
その活動がももクロのメインかもしれないですけど
何よりも彼女の普段の生活を知ってもらいたい。
ステージを下りたれにちゃんを。
この魅力こそがれにちゃんだと思うから


> れにちゃんのにこっとした最高の笑顔に
> 至近距離で直撃されたことがあるので・・・・
>
> 危く、生還しましたが。

生還されてらっしゃるから夏菜子推しなんですねw
[ 2014/05/04 21:20 ] [ 編集 ]

笑顔が大好きさんへ

> いつも楽しく読ませてもらっていますが初コメントします。
> れにちゃんは本質的な部分では変わっていないんでしょうけど、昨今、ものすごく自信に満ち溢れている様に感じます。
> 昨年からでしょうか、れにちゃんの代名詞でもあった激しいダンスが見られなくなった反面、斬り込み隊長として笑いやトークに磨きがかかり、そして、何と言っても綺麗になったと感じています。
> 誰かに恋しているんじゃないかと心配しているくらいですからね^_^… 本当にチャラいのだけはダメだから‼︎
> れにちゃんの自信は一体どこから出ているんでしょう⁇
> れにちゃんの本質は昔から変わっていない様に思うし、今光輝いている部分は元々持っていたものだけど、今の様に主張出来るほど自信がなく前に出られないし、メンバーや周りから何と思われるか不安でセーブしていたのではないか。
> そうした中で、自分の個性を発揮するのは何かと考え、たどり着いたのが、あの激しいダンスだったのではないかと思っています。

はあ~なるほど。
あのダンスに普段出し切れてない自分の表現を詰め込んでたんですかね。
ユミ先生の指導で抑えてるのかと思ってたけど
れにちゃんの表現の幅がひろがったからそこを抑えられるようになったということもあるのかなあ。


> それでは何故、本来の姿に戻ったのか?
> それは、メンバーや川上さんを初めとするスタッフ、そしてファンに対して心を開くこと、その身を委ねることで得られる相互の絶対的な信頼感によるもので、米子の夜などを機に、ありのままで良いんだと思えたからなのかなと思っています。
> 何が言いたいのか解らなくなってきたけど、れにちゃんが、仲間やファンを信頼し、れにちゃんらしく振る舞っていることで光輝き続けるならば、そして、それを覚醒と言うならば、れにちゃんの信頼に応えるべく精一杯応援するだけです。
> れにちゃんの笑顔が大好きです。
> チャラい男だけは御勘弁を^_^

れにちゃんが自分を解放出来るようになって思ってるのは
同じような悩みを持ってる杏果にも自分と同じ体験をして欲しいんだろうなってこと。
時にはゆるく時には荒療治で杏果のことを気にかけてるれにちゃんが大好きです、



> 追伸
> れにちゃん推しは多い様に感じていますが、単に紫に反応しているだけ(-。-;

どういう意味かわかりませんが
今回はそういう体で記事にしました、
実際はそんなことないんでしょうが。
あの活躍なら一番いてもいいんじゃないかという自分の疑問(願望)ですねw
[ 2014/05/04 21:33 ] [ 編集 ]

たんぼのたさんへ

> 世間で ももクロの人気はこの半年位でかなり上がった感じがします。人気って、CDの売上とか
> 色々ありますが、そういうのではなくて国立の話題等で知名度が上がったり、わちゃわちゃ感が少し出せた番組で
> まんべんなく浅く広く好感度が上がった感じでしょうか。私の感覚ですがそれを国民的というんだと思います。
>  でも、国民的になっても、出版物や動画やchanみたいな番組をあさり、彼女達のアイドルとはちょっと違う
> 魅力を知ろうとする絶対数は少ないし、それはなかなか一定量以上は増えないと思います。
> れにちゃんは特にそういうものを知らないと、理解しにくいというか。
> その中で、れにちゃんの見た目も含めてタイプな人が何割か居て、やっと紫推しになる。
> その何割というのは5分の1以下なのかもしれない。れにちゃんは万人向けではない感じはします。
> だから、やっぱり一等賞にはなれないかな。もはやアイドルの価値ともちょっと違いますもんね。もう。


最初の入り口として顔はやっぱり大事なんでしょうね。
自分にしても全く知らないものに対して、中身が~とか絶対ならないですもん。
顔が多少タイプでも深く知ろうとすることもないかな
いろいろ難しいよね~


> 自分みたいにアイドルなんて興味ないけど、れにちゃんだけは好きというファンが多いのかもしれない。

結構いるかもしれないですね
これからテレビの世界で定着していけば
そういう層がガツンと増えると思うんだけどなぁ


>  女性をすごく顔で評価する人っていますよね。とにかく整った顔以外はNOというか。変な事する女は拒否というか。
> うまく言えませんが…そういう人にはちょっと合わないという感じ?

息を吐くようにぶっさとか言う人いますね。
愛嬌寄りのかわいい感じでもぶっさって言う人はちょっと厳しすぎないかいと。


>  スタッフの高評価は普通の人には関係ない所での話で、裏方的な貢献はディープなファンはそれを知ろうとしますが。
> でも、とにかく数よりディープさでは負けてないと思うし、ももクロの中でもより人間的に愛されてるというか。
> 「笑顔が一番 れにちゃん」この言葉を聞くだけで感動できるアイドルなんていないし、まさに人柄ですよね。
> そんなものはゴールデンのテレビではわからない。

まあ人柄はゴールデンではわかりませんが
才能なら分かってもらえると思ってます。
そこから興味を持った人が調べる感じがいいな


>  ディープに引き込むきっかけがこちらのブログでもあります。ここは れにワールドがわかりやすい所なので、
> れに推しが増える貢献をしていると思います。見ている方としては、管理人さんやコメントのれに中毒ぶりを
> 読んでるだけで楽しい。

箱推しとかは隙あらば紫族に変えたいと思ってるけど
そんな手ごたえ感じたことないからわかんないやw


> ところで、れにちゃん本人はアイドルとして、そしてファンの数として負けたくないと思ってるのかなあ?
> 普段の頑張りは深く考えてやってるんだろうか?もっと本能的な感覚的にやってる感じもするし。

負けたくないとは思ってないんじゃないかな
でも多い方が嬉しいのは絶対ですよね
1人1人のファンを大事にする姿がそれを表してます。


> もしれにちゃんに言えるとしたら、数は少なくても(としても)愛され方はぜんぜん負けてないって。
> この先のももクロ、れにちゃんがどうなって行くのか、前例がないタイプなので楽しみです。

でっかくなるよきっと。
人間的に面白い要素がありすぎるもん。
[ 2014/05/04 21:49 ] [ 編集 ]

yamaさんへ

> 管理人さんのいう「顔のタイプありきなの?」に
> ぶっちゃけ反応してしまう自分がいました。
> それと、たんぼのたさんの考察にも賛同致します。
>
> それらをふまえて。
>
> きもクロ、ここんとこ出てますよね。
> 北川景子さんの綺麗さってすげーなぁと再認識したんです。
> とりたてて彼女のファンではない私がそう思うほど。
>
> 私は、れにちゃんの「顔」好きな部類なんです。
> しかし、彼女の人柄もドーンと付加された今の好きが
> もうデフォルトみたいなものなので
> 「推し抜きなら?」をやはり想像できない...
>
> なので過小評価に関して誤解を恐れず大胆な事を言うならば
> 北川景子さんがれにちゃんのように
> 「不思議」「全力」「ぶっこみ」「覚醒」「変顔」「菩薩」等々
> れにちゃんの要素を全て持った女優さんだったとしたなら...
> ...今のれにちゃんが受けている評価よりは高い(注目度が)のかも
> 知れないなぁとか。

うーん難しいですね~。
れにちゃんの顔だから活きるキャラっていうのもあるんだろうし
でもそいうの無しでそれが100%実現出来るなら
やっぱり引っ掛かる確立は段違いに高いかもしれませんね
でも普通の北川景子さんの方がいい層も結構いたりするかも?w


> はずれてるかもしれませんが、
> 万人受けと言うか、そのへんのニュアンスで
> たんぼのたさんの考察に頷くところが多かった訳なんですね。
>
> れにちゃんの事は誰よりも好きだけど
> 一般的なところでの誰よりもかわいいとは思っていないと。
>
> でもさぁ、「かわいい」より「好き」が上だろ〜!ってね。

ももクロ内で言うと万人受けしないほうかもしれないけど
かわいさ、美人さには推しとして自信はめちゃくちゃあるんですけどねぇ。
玉ちゃんにはちょくちょくぶさいくと言われてますがw
[ 2014/05/04 22:07 ] [ 編集 ]

れにちゃんはオンリーワンの価値観の体現者

管理人さん、熱いれに推し魂に溢れた記事で、嬉しくなりました!
連休でコメント遅くなりました。

「れに推し少ない」のネタは、みんな、そんなことないって分かっていて使っていますよね!
この連休にもこんなことが…
>フロム中武、ももクロちゃんサイン脇への追加メッセージ、じゃんけんで勝った選ばれしモノノフ8人のメッセージ色は、赤2、黄2、緑2、ピンク1、黒(箱)1、、あれ?1色足りない!こ、これはまずい事態だ!

しかし、種明かしをすると、
>フロム中武、8人の追加メッセージに紫が無いと、ザワザワしてました。みんな、何かに怯えるように…。現地には紫族たくさん居たんですけど、、じゃんけんに勝てなかった。

ということで、実はちゃんと推しはいるのだけれど、れにちゃんは持ってるというか、タイミング良く?推しがいなかったり、ジャンケンに勝てなかったり、オイシイことが起こる訳です。

>でも実際少ないことが証明されたりなんかしたら絶対へこむと思います、
>自分もれにちゃんも(笑)
一瞬しょんぼりはするかもしれませんが、凹んだりはしないのではないかと思っています。
人気商売ですから全く無視することはできないでしょうが、れにちゃんはファンの数で勝ちたいなんて思ってないでしょうから…
管理人さんの言う通り、
>れにちゃんはそんな浅ましい計算の元で動いてるわけじゃないから。

私も、れにちゃんの意識はもっと高い所にあると思っています。
なぜって、こう言っているではないですか!
>応援してくれる人が1人でもいる限り私は一生懸命ももクロとして頑張ります
この謙虚な姿勢がある限り、そしてそれにシビれるオヤジノフのような人間のいる限り、れに推しがいなくなることはないと断言できます。

れに推しとしては、れにちゃんが楽しく活動できることが喜びですから、推しを見つけて喜ぶれにちゃんを見ているので、推しがここにいるよって伝えることが大切ということは分かっています。
勿論、推しが多い方がれにちゃんは喜ぶのでしょうが、モノノフの増え方と比べて、れに推しの増え方が遅いとか少ないとかは、本人も推しの側もあまり意識しないのではないかと想像しています。

それはもしかしたら、れにちゃん自身が気にしないことにしたから、れに推しも気にしないことにしている不文律のようなものなのかもしれません。れにちゃんがメンタルが強くなったと言っていた、昔の個人別での手売りのときにれにちゃんの列が明らかに短かったという記憶を引きずっているのかもしれません。
自らを不快にする記憶を避けている行動ともいえますが(それ自体も正しい行動です。)、私はもっとポジティブに捉えています。

すなわち、自己評価の方向性や角度を転換できているのだと思います。
推しの人数を数えて人気の順位付けを気にするのではなく、推しの一人一人に楽しんでもらうことで自分がどれだけ楽しめたか、に意識の焦点を当てていると思います。
これも管理人さんの言う通りですよね。
>どういう行動をすればその場が幸せになるか考えたり
>高城れにという人生を思いっきり楽しんでるだけだもん。

感謝と充実に焦点を当てて努力を続ける、そうすれば評価も自ずと高まり、ナンバーワンでなくオンリーワンへの道を歩み出すことになるのです。
まさにその表れが、周囲のスタッフや共演者や、その他プロフェッショナルと呼ばれる人たちからの高い評価だと思っています。
>理事長「高城れには変わりましたね。覚醒したというか。
>れにはプロフェッショナルになった」

>藤井「あんなに変われるんですよね。
>すごいなって思います、本当に」

>理事長「褒められることに慣れてないから(笑)
>でも高城は今すごくいいと思います」

れにちゃんにはオンリーワンとしての生き方こそ相応しいと、私は信じて疑っていません!
そして、れに推しは皆、れにちゃんのオンリーワンな人柄に感電しているのではないかと思っています。
敢えて言えば、明らかに推しが他メンより少ないかもしれない、それでも、れにちゃん自身の充実感が削がれることはないし、れに推しが悲観することもないし、れにちゃんのオンリーワンへの道も揺るがないのではないでしょうか?
そうであれば、推しのバランス変化なんて、そのときのたまたまだとも言えます。管理人さんの指摘もその通りかもしれません。
>推しのパワーバランスはその時とあまり変わってる印象は無いかもです(笑)

れにちゃんも、れに推しも、こうしたオンリーワンの価値観を共有しているのではないかと思っています。そもそも、ももクロがオンリーワンの価値観のグループだと思いますが、れにちゃんはその象徴的存在だと思っています。
>もうアイドルという範疇に収まりきらないでしょうね。
もはや、カッコいい、ロックな存在、人間として尊敬できる存在ですよね!
ビバ!オンリーワンれにちゃん!
[ 2014/05/08 20:33 ] [ 編集 ]

わったんさんへ

ちょっと時間かかりそうなのでまた後日お返しします。
[ 2014/05/10 20:53 ] [ 編集 ]

わったんさんへ

> 管理人さん、熱いれに推し魂に溢れた記事で、嬉しくなりました!
> 連休でコメント遅くなりました。

お気になさらずに。
いつくれても嬉しさに変わりないです。


> 「れに推し少ない」のネタは、みんな、そんなことないって分かっていて使っていますよね!
> この連休にもこんなことが…
> >フロム中武、ももクロちゃんサイン脇への追加メッセージ、じゃんけんで勝った選ばれしモノノフ8人のメッセージ色は、赤2、黄2、緑2、ピンク1、黒(箱)1、、あれ?1色足りない!こ、これはまずい事態だ!
> しかし、種明かしをすると、
> >フロム中武、8人の追加メッセージに紫が無いと、ザワザワしてました。みんな、何かに怯えるように…。現地には紫族たくさん居たんですけど、、じゃんけんに勝てなかった。
> ということで、実はちゃんと推しはいるのだけれど、れにちゃんは持ってるというか、タイミング良く?推しがいなかったり、ジャンケンに勝てなかったり、オイシイことが起こる訳です。

お~そのこと掲示板に書いてあってよくわからなかったんですが
そういうことなんですね~。


> >でも実際少ないことが証明されたりなんかしたら絶対へこむと思います、
> >自分もれにちゃんも(笑)
> 一瞬しょんぼりはするかもしれませんが、凹んだりはしないのではないかと思っています。
> 人気商売ですから全く無視することはできないでしょうが、れにちゃんはファンの数で勝ちたいなんて思ってないでしょうから…

たしかにすぐ立ち直るかもですね。
天国と地獄記事であったような感じですかね
今のれにちゃんにかかれば笑い話で済んじゃいそうですね



> 管理人さんの言う通り、
> >れにちゃんはそんな浅ましい計算の元で動いてるわけじゃないから。
>
> 私も、れにちゃんの意識はもっと高い所にあると思っています。
> なぜって、こう言っているではないですか!
> >応援してくれる人が1人でもいる限り私は一生懸命ももクロとして頑張ります
> この謙虚な姿勢がある限り、そしてそれにシビれるオヤジノフのような人間のいる限り、れに推しがいなくなることはないと断言できます。

れにちゃんのスタンスはそれで良いと思いますし
いまだかつてブレてないですね


> れに推しとしては、れにちゃんが楽しく活動できることが喜びですから、推しを見つけて喜ぶれにちゃんを見ているので、推しがここにいるよって伝えることが大切ということは分かっています。
> 勿論、推しが多い方がれにちゃんは喜ぶのでしょうが、モノノフの増え方と比べて、れに推しの増え方が遅いとか少ないとかは、本人も推しの側もあまり意識しないのではないかと想像しています。

もちろんそうなんですが。
こんだけれにちゃんって凄いんだぞ!って言いたい感じですかね。
みんな分かってますかって。



> それはもしかしたら、れにちゃん自身が気にしないことにしたから、れに推しも気にしないことにしている不文律のようなものなのかもしれません。れにちゃんがメンタルが強くなったと言っていた、昔の個人別での手売りのときにれにちゃんの列が明らかに短かったという記憶を引きずっているのかもしれません。
> 自らを不快にする記憶を避けている行動ともいえますが(それ自体も正しい行動です。)、私はもっとポジティブに捉えています。

とどのつまり人数が多かろうが少なかろうが
自分のれに推し具合には何の影響もないんですよね。
ただ客観的に見てこの活躍がそのまま認められればなとは思うんですが。



> すなわち、自己評価の方向性や角度を転換できているのだと思います。
> 推しの人数を数えて人気の順位付けを気にするのではなく、推しの一人一人に楽しんでもらうことで自分がどれだけ楽しめたか、に意識の焦点を当てていると思います。
> これも管理人さんの言う通りですよね。
> >どういう行動をすればその場が幸せになるか考えたり
> >高城れにという人生を思いっきり楽しんでるだけだもん。
>
> 感謝と充実に焦点を当てて努力を続ける、そうすれば評価も自ずと高まり、ナンバーワンでなくオンリーワンへの道を歩み出すことになるのです。
> まさにその表れが、周囲のスタッフや共演者や、その他プロフェッショナルと呼ばれる人たちからの高い評価だと思っています。
> >理事長「高城れには変わりましたね。覚醒したというか。
> >れにはプロフェッショナルになった」

まれにちゃんがれにちゃんらしくあり続ければ
おのずと何らかのものが見えてくるってことですね。
簡単なようで難しいことだけどれにちゃんはまったく成長しないはず(良い意味で)



> >藤井「あんなに変われるんですよね。
> >すごいなって思います、本当に」
>
> >理事長「褒められることに慣れてないから(笑)
> >でも高城は今すごくいいと思います」
>
> れにちゃんにはオンリーワンとしての生き方こそ相応しいと、私は信じて疑っていません!
> そして、れに推しは皆、れにちゃんのオンリーワンな人柄に感電しているのではないかと思っています。
> 敢えて言えば、明らかに推しが他メンより少ないかもしれない、それでも、れにちゃん自身の充実感が削がれることはないし、れに推しが悲観することもないし、れにちゃんのオンリーワンへの道も揺るがないのではないでしょうか?
> そうであれば、推しのバランス変化なんて、そのときのたまたまだとも言えます。管理人さんの指摘もその通りかもしれません。
> >推しのパワーバランスはその時とあまり変わってる印象は無いかもです(笑)

れに推しと言ってもいろんな考えがあって
ネタ的な方向を嫌がる人もたまにいますし
考え方を合わせることなんて無理かも知れませんし
合わせる必要もあるのかわからないですけど
ただひとつ一致してるのはれにちゃんが幸せでありますようにってことかな。
たまに自分も邪魔臭いこと書くかも知れませんが
笑ってスルーしてくださいとw


> れにちゃんも、れに推しも、こうしたオンリーワンの価値観を共有しているのではないかと思っています。そもそも、ももクロがオンリーワンの価値観のグループだと思いますが、れにちゃんはその象徴的存在だと思っています。
> >もうアイドルという範疇に収まりきらないでしょうね。
> もはや、カッコいい、ロックな存在、人間として尊敬できる存在ですよね!
> ビバ!オンリーワンれにちゃん!

もはやロックの人よりロックな人生歩んでるよ
その生き様が少しでも記事から読み取れてるといいんですが
[ 2014/05/11 19:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/270-697dc861