トレチノイン痩せた芸能人








推され隊どうなってんの?

gv.jpg











ももかとれにちゃんの関係って深いというか
何か素敵だなって漠然と思う。
もちろん他のメンバーとの関係も良好だし
より分かりやすい気はするけど
ももかとれにちゃんは根っこでつながってる印象を受ける。
「ふるさとは遠きにありて思ふもの」
いや別に遠くはないんだけどね

そういう関係を考慮すると
ももかとれにちゃんは友達というより血縁関係があるイメージ
切っても切れない関係だと思ってるので。
親・兄弟とはそんなにべったりしないけど
絶対的な心の支えじゃないですか?
でも姉妹ではないかな
両方とも子供目線から親を想う感じに近いような気が。

友達とするなら幼稚園~中学校までの幼馴染
その期間はその人を形作る根本。
その後の青春がどんなに楽しかろうと
その期間に経験したことはなにものにも変えがたい。
高校・大学の時の友達と比べたら会う機会は少ないかもしれないけど
本当の友達って回数じゃないよね。
たまに会えば気恥ずかしく
ついつい照れ隠しでイジリ倒すけど
そんな気持ちも察してあげてね。
ひとしきり弄り倒した後には
ベテランピエロ並みにどっしり構える感じに変わるから。
おいおい差がありすぎるだろ・・・ってくらいに

最近は素直に感情を表す機会も増えたなあと思う。
ここまで根っこのつながりがうんたらかんたら言いつつ
それが好きじゃないと言えば大嘘になる。

お互いの生き方をリスペクトしつつ
変わるべきところはお互いに努力しようとし、
それをこっそりサポートしあう奥ゆかしさにまた身悶える

正直言えばね
ブログを1年間やってきて
推され隊もももたかぎもタ行もでこぼこんびも
結構書きたいこと書いてきたつもりです
その中でなるべくかぶらない様に書いていて
ネタもそんな沸いてくるわけでもなく
メンバーの誕生日おめでとう記事があっさりしてくるのも
だからすごくわかるんですよね。
たぶん去年より今年の方がメンバーも自分も想いは強いと思う、
でもこの想いを文章で伝えようとすると回数を重ねるたびに
より漠然としてきちゃって躊躇してしまう自分がいる。

何が言いたいのか分からなくなってきたけど
とにかく言えることは最近の推され隊はとても良い
今のと言えば嘘になりそうなんで
ここ何ヶ月のとしておきますが。
(ももクロの情報がだいぶ遅れてますんで)
根っこだったり自分の核に近い性質のコンビでありながら
進化・変化がもっとも著しいコンビのような気がします。
お互いこんな顔を見せるんだっていう発見が今更ながらあったり
すごく新鮮にこのコンビを見ているなあと感じます。

見れてない間も他のコンビは大体予想がつくのだけど
このコンビはもしかしたら何か予想だにしないことが起こってるかもしれない。
例えば昨年末にUSTでももかがれにちゃんに
「5人だとしゃべれなくなるんだよね」と相談したようなレベルのことがね。
もしかしたらももかにとってはなんでもないことだったかもしれないけど
結構自分の中でショッキングだったんですよね~。
それをれにちゃんに言ってくれたことが嬉しかった、
れにちゃんだから言った(言えた)のかな~とか。
ただれにちゃんがUSTの番人的なもんだからかもしれないけど(笑)
振り返ればれにがいる的な

(まあ僕だけかもしれませんが)ド安定しきってるはずの
一番の腐れ縁の二人の関係性がここに来て一番新鮮に感じるって
すごい贅沢なことなんじゃないかって思うんです。
それなのに追えてない自分は何なんだろうって。。
後半へつづく~


tumblr_mvspm6tKKI1r6njvto1_500.jpg











ももクロくらぶ #30

杏果 「『あなたは、二人三脚に参加して全力でこけてしまいました。
     さて、そのパートナーは誰ですか?』メンバーの中で」
れに 「メンバーの中でだったら?」
杏果 「うん。あたしれにだな」

杏果 「わたしはもうれにのあれねー、もうねあのわっる~いねー」
れに 「アハハハ」
杏果 「わっるい笑いをねー、もうねあのゴールテープを」
夏菜子 「想像つくわ」
杏果 「切ったところでね~、見てるところしか…想像できない」
れに 「あ~」
夏菜子 「しかも、れに杏果だった場合杏果しか転ばないんだよ」
れに 「そうそうそうそうそう」
杏果 「あ、そうそうそうそう」
れに 「あたし無事なんですよ」
杏果 「そうそうそうそう」
夏菜子 「それでめっちゃ笑うの」
杏果 「そう、で、先にもうゴールしちゃって、そこでめっちゃ笑ってるんでしょ」
夏菜子 「そう」
れに 「やばいわ~(笑)」
杏果 「であとで“大丈夫~?(笑)”とか言って」
夏菜子 「そ~、でずっと笑ってるのひたすら」
れに 「(笑)あるねあるねー」
夏菜子 「ほんとあるわー」


tfyt.jpg











ももクロくらぶxoxo #103 2014/03/23

高城「最近よく見る推され隊のふたりで」
有安「このラジオれにとしかやってないんだけど大丈夫かなぁ?」
高城「はっは(笑)大丈夫、大丈夫!」
有安「ほんとに!」
高城「私たち事務所に推され隊、略してJOの二人でね」
有安「ちょっと待って!何そのJOって?(笑)」
高城「いつの日からかJOになったらしいよ私たち」
有安「聞いたことないよ(笑)何?今日からtwitterとかJOって出てくんの?(笑)」
高城「JOって検索したらいっぱい出てくるから推され隊(笑)」
有安「まじかー(笑)」
高城「事務所に推され隊推しのモノノフさんは
    ラジオネームとかでJOって使っていいから!」
有安「あっそー、私あんま推してないけどなJO(笑)」
高城「はははは(笑)JO推しで行きましょう!」
有安「はいはい(笑)」


Bt7-UPmCEAAYjgI.jpg










高城「お送りしてきましたーももクロくらぶ、そろそろクローズの時間です!
    どうでしたかーやっさん?」
有安「いや~やっぱ高城さん面白いわ~」
高城「なんでー!?でも有安さんも相当おバカだよ?」
有安「いやいやいや」
高城「私グループの中でさ、かなこちゃんがおバカって言われてんじゃん?
    でもかなこちゃんもおバカだけど一番おバカなのは有安な気もするんだよね。
    有安さんは目立たないバカなの!だから前に出ておバカ!って感じじゃ
    言われないんだけど実は一番おバカなおバカ。
    1人何かねやってんの」
有安「もういいようちはバカだよ・・」
高城「あっは(笑)JOおバカ!BJO!」
有安「出たJO!何、JKみたいなその何か(笑)」
高城「あっはっは(笑)」
有安「私は推さないよそれ!」
高城「流行らせましょう!BJO!バカな事務所に推され隊」
有安「推さない」
高城「BJO!ウィーアーBJO!」
有安「お願いだからケバブみたいに広がらないでください」
高城「はい、みなさん(BJOを)ツイートしてください!」


BtzCW9ACEAENEfS.jpg










高城「何かある?美容とか健康を保つためにこれだけは欠かせないみたいな」
有安「加湿器だけはやってる!毎日。あれ結構ね水を変えるのが手間なんだよね」
高城「わかるー」
有安「たぶん加湿器やってる人は分かると思う、あるあるだと思う」
高城「昨日ね、お店で買い物してて、加湿器がたまに置いてあるじゃん?
    あそこに顔をすごい近づけてたら顔びしょびしょになったんだけど(笑)
    はははっ(笑)はははっ(笑)」
有安「一言言って良い?やっぱバカなの?」
高城「ああ、びしょびしょになったつってねお母さんとこ行ったの、
    そしたらお母さんもやってみたい!とか言ってこうやってやってたよ(笑)
    はははっはははっははは(笑)」
有安「もうね・・いや良い家族だわ。いないよ?ほんとに」
高城「そんだけー(笑)ふふふ(笑)」
有安「ふふ(笑)そんだけー」


Bt9sDxoCYAA6D4U.jpg











『ももクロちゃんはお祭りでどんな屋台が好きですか?』

有安「私プライベートで行ったことがない」
高城「まじで?うそでしょー?」
有安「家族で初詣とかする時にちょっとあるのはあるけどー、
    ガッツリお祭りって無い!」
高城「お祭り行かないんだ・・、縁日とかも?」
有安「何?縁日って?」
高城「ないの?何を生活してきたの今まで?」
有安「え、私ほんとにない!」
高城「なんでー!?(笑)お祭りったら重大行事じゃん!1年の」
有安「そうなんだけど、でも毎年行きたいんだけど毎年行けないんだよね。
    だから憧れみたいな妄想だけがあるの!金魚すくいしたり~、
    スーパーボール取ったり、射的やったり、
    あと綿菓子とか~焼き鳥食べたりとか!」
高城「やったこと無いの、全部?」
有安「あとお面とか!」
高城「まじぃ?そんな人初めて会ったよ私」
有安「うそぉ~、でも高城さんお祭りってイメージある、
    毎年行ってるよね?」
高城「毎年ってか、いろんなお祭りをほっつき歩いてる」
有安「ふふ(笑)高城さんほんとにいろんなとこ出没しますからね」
高城「はい!フーテンの高さんですから」
有安「やっぱり毎年行ってる高さん的にはお薦めの屋台はあるんですか?」
高城「私は必ず射的とあと宝くじ知ってる?ひもがいっぱいバーってあってさ、
    ひもを引っ張るとおもちゃがヒューってさ」
有安「えー!何それ、知らなーい!」
高城「めっちゃ楽しいかんねそれ!」
有安「一緒に行こ?今年の夏」
高城「いいよ!ほんとに?行こう、じゃあ。
    あと水飴とかチョコバナナのジャンケンが好きなの」
有安「ジャンケン・・?」
高城「ジャンケンで勝ったら3本貰えるとか、あいこ2本」
有安「そんなんあるの?」
高城「棒パインとか」
有安「ジャンケンで決めちゃうの今時」
高城「そう!それが楽しい。だから是非行ってみて」
有安「えー行きたいなー」
高城「行こう、一緒に」
有安「行こう!」


BtyL1GECYAEjbNq.jpg







後半
ももかがれにちゃんに対して呆れたように
「やっぱすごいわ高城さん・・・」と漏らすのがだいぶ好きです。
なんかついつい漏れてしまったみたいな感じ
高城に対するリスペクトがすごく伝わってきます。
いやもしかしたられに推しフィルターで
都合の良いように解釈してしまってるかもしれませんが
仮にそれが小ばかにしてたとしても
それはそれでおいしく頂けるんですけどね。

あとどっちかがアクセル踏み込んでると
もう一人はブレーキを踏むほうに回ることが多いよね?
れにちゃんに対するももかは毎度のことなんだけど
ももかがテンションおかしいときに
れにちゃんが若干引くときがあって
それが何だか自分の中で「ふぁっ!?」ってなりますw

いつかこの二人のブレーキが壊れたしゃべくりだったり、
あーりんも嫉妬もんのごっこあそびが見たいです。
相手のトークを上乗せしながらノりまくって
誰が止めるんだみたいな。
え、もうどっかで見れる?
いろんな顔が見たくなるのは贅沢なのかなぁ。

「ありの~ままの~ももか~でいんだよ~」
自分が見た推され隊の絡みの最新が
このネタでいじってた辺りだったんですよね。
この後この二人がどうなってるか非常に興味があります。
何せそこからいきなりれにちゃんブログの私信がどうたらって
わけわかんないことに飛ぶんですから。
まあ興味というよりこの二人の関係が
自分にとって漠然としすぎてるんじゃないかと不安になる

こんなにあほみたいに無駄に語ってしまうんだから
自分のももクロ欲におけるコンビ関係の割合がいかにでかいかわかります。
(ストックしてた古い情報ですけど)こうやってブログを書けば書くほど
今ストップしてるももクロ情報をすぐにでも動かしたいほどです。
ただ止まったとこから順番に見たいとか
まとまった時間が取れないとか
USTなどの場合は記事を作りながら見る癖がついてて
なかなかそこを突破できない現状です。
それはそのUSTを絶対記事にしないと断言できないからかもしれません。
でもみなさんと触れ合うたびに知りたくてたまらなくなる
この矛盾?に苦しみながられにっ記の行く末を漠然と考える
とりあえず推され隊の革命がれにっ記の・・・じゃなくて
ももクロの今後を担うと漠然とした予想をしておこう



さて何回漠然としたでしょうか?

スポンサーサイト
[ 2014/08/03 19:14 ] 推され隊 | TB(0) | CM(6)

5回です。少なくとも5回は漠然としていますww

そして今日も更新ありがとうございますm(_ _)m

ブログの私信をみた時は、「なんだ、なんだ?!」Σ(・□・;)
となり、

ももかの返信をみて「ニヤニヤ( ´ ▽ ` )」となった覚えがありますw
[ 2014/08/03 20:58 ] [ 編集 ]

ふるさと=常温(強引か??)


そもそも他のコンビと少し違って
「私たちもっと推されたい!」という
共通の願望でガッチリ繋がってる絆なので
「安定感」が半端ない。
いい感じの「常温」っていうのかなぁ。
(例えば彩高はあっつ〜いもんねw)
管理人さんの「ふるさとは遠きにありて思ふもの」は
なるほどな〜と。

れにちゃんの私信&杏果ちゃんの返信は
かなり印象深いものがありました。
いいやりとりだよなぁ〜と。
紫のりんごのふさんと同様のリアクションでしたよ
私も。
[ 2014/08/04 00:13 ] [ 編集 ]

漠然とよく分かります!笑

以前に、雑誌のインタビューで、れにちゃんとももかは、時々まじめに将来を話し合う仲だと言っていました。
>お互いの生き方をリスペクトしつつ
>変わるべきところはお互いに努力しようとし、
まさに、そういう関係なんでしょうね!

推され隊というくくりも、特別な絆を作ったことは間違いないですよね!
ヒャダイン氏が言っていましたが、ソロ曲を作る時に「緑と紫は?と聞いたら、それは絶対ない、と言われて、かわいそう過ぎて、二人にも歌を作らなきゃ、他の3人のソロ曲も作らないと言って、入れてもらった」みたいなことがありました。
本人達は、れにちゃんが言っていたように、グループ内の役割分担なので、と割り切っていたとはいえ、そこは年頃の女の子、心中穏やかではなかったと思います。
そうした境遇の二人が、特別な結び付きにあるのは、むしろ当然と思います!
日本人にありがちな?判官贔屓で、この二人を応援したくなる人は多いと思います。私が、れにちゃん推しになったのも、その側面は大きかったと思います。
ももクロの人気は、この二人が明るく頑張っていることで、判官贔屓による人気も取り込んでいると思います。日の当たる側の、かなこ、玉ちゃん、あーりん、月明かりの、れにちゃん、ももか。ってな感じですね!
ももクロ団のBOTが特別な味わいがあるのは、当然のことと思います。当時はまだ、れにちゃんも覚醒しておらず、ももかも今のような味をだせていませんから。笑

>それをこっそりサポートしあう奥ゆかしさにまた身悶える
そうですよね!この二人は、揃って奥ゆかしいんですよね!そこが魅力な訳です。まさに、月明かりの二人。
今でも特別な関係に違いありません!
立ち位置は変わらず「端っこ後ろ」だし、ジャケット写真は相変わらずサイズが小さいし。
(これには、私は結構不満なのですが。Battle and Romanceでは5人の顔サイズが同じだったというのに、5thではあからさまなサイズの差が付き、最新のMOON PRIDEでもサイズの差がむしろ拡大。ももクロを、事実上、百田夏菜子withももいろクローバーZにしてしまっています。嘆かわしい。)

今や覚醒しているれにちゃんは、月明かりと思わせて、時折、強烈な光を放ち(ぶっこみをして).目をくらませます。(二面性の魅力で人を虜にします。)
必ずや、ももかを導こうとしているに違いない、と想像しています。
そんな中での
>例えば昨年末にUSTでももかがれにちゃんに
>「5人だとしゃべれなくなるんだよね」と相談したような
これは、グッと来ますよね〜!

ももかも、Chanのミックス・ケチフライのような「ぶちかまし」の味を出して来ており、れにちゃんの愛のある弄りもあって、覚醒に向かっているように思います。
弄りでの、ももかの反応、
>有安「もういいようちはバカだよ・・」
これと、
>有安「一言言って良い?やっぱバカなの?」
これは、まさにボケと突っ込みの両面です。れにちゃんへの返信受け答えで、ももかの対応力が磨かれて行っているのは、間違いないと思います。

>ももかがれにちゃんに対して呆れたように
>「やっぱすごいわ高城さん・・・」と漏らすのがだいぶ好きです。
激しく同意します!
ももかは、れにちゃんをリスペクトし、れにちゃんは、ももかを導こうとしていますが、お互いを支え合う対等の存在、苦しい時からの同志、特別な絆なのですよね!
だから、誕生日のような改まった言葉はむしろあっさりで、先日のブログのような突発的な愛の告白のようなやり取りにこそ、二人の真の愛情や関係性が現れるのでしょう。
ももくらでの共演を心待ちにいています!(でこぼコンビもですが。笑)
[ 2014/08/06 00:29 ] [ 編集 ]

紫のりんごのふさんへ

> 5回です。少なくとも5回は漠然としていますww

ありがとうございます、漠然と5回だったんじゃないかと記憶してます



> そして今日も更新ありがとうございますm(_ _)m
>
> ブログの私信をみた時は、「なんだ、なんだ?!」Σ(・□・;)
> となり、
>
> ももかの返信をみて「ニヤニヤ( ´ ▽ ` )」となった覚えがありますw

いまだに意味がわかってない自分
あっ彼女達の行動に必ずしも意味なんかないか
[ 2014/08/07 20:30 ] [ 編集 ]

yamaさんへ

> そもそも他のコンビと少し違って
> 「私たちもっと推されたい!」という
> 共通の願望でガッチリ繋がってる絆なので
> 「安定感」が半端ない。
> いい感じの「常温」っていうのかなぁ。
> (例えば彩高はあっつ〜いもんねw)
> 管理人さんの「ふるさとは遠きにありて思ふもの」は
> なるほどな〜と。

その安定がマンネリになってしまわないようにしないとね
だから最近の予測できないこの二人は刺激的で魅力的



> れにちゃんの私信&杏果ちゃんの返信は
> かなり印象深いものがありました。
> いいやりとりだよなぁ〜と。
> 紫のりんごのふさんと同様のリアクションでしたよ
> 私も。

普段見えない顔が見えるっていいよね~
すごいお得感
[ 2014/08/07 20:43 ] [ 編集 ]

わったんさんへ

> 以前に、雑誌のインタビューで、れにちゃんとももかは、時々まじめに将来を話し合う仲だと言っていました
> 推され隊というくくりも、特別な絆を作ったことは間違いないですよね!
> ヒャダイン氏が言っていましたが、ソロ曲を作る時に「緑と紫は?と聞いたら、それは絶対ない、と言われて、かわいそう過ぎて、二人にも歌を作らなきゃ、他の3人のソロ曲も作らないと言って、入れてもらった」みたいなことがありました。
> 本人達は、れにちゃんが言っていたように、グループ内の役割分担なので、と割り切っていたとはいえ、そこは年頃の女の子、心中穏やかではなかったと思います。
> そうした境遇の二人が、特別な結び付きにあるのは、むしろ当然と思います!

自分がそういう境遇になったとしたら容易に想像出来ますね
一緒に模索し続けてきた二人の間柄がどんなものなのか



> 日本人にありがちな?判官贔屓で、この二人を応援したくなる人は多いと思います。私が、れにちゃん推しになったのも、その側面は大きかったと思います。

自分の場合はその才能があるのに思いのほか認められてないと感じることが大きいと
声を大にして言いたくなります。
れにちゃんもそうだし彩高もそうかもしれません。



> ももクロの人気は、この二人が明るく頑張っていることで、判官贔屓による人気も取り込んでいると思います。日の当たる側の、かなこ、玉ちゃん、あーりん、月明かりの、れにちゃん、ももか。ってな感じですね!
> ももクロ団のBOTが特別な味わいがあるのは、当然のことと思います。当時はまだ、れにちゃんも覚醒しておらず、ももかも今のような味をだせていませんから。笑

あれはももクロの作品の中でもお薦めしたいものですが
今の感じだとかなり違う感じになりそうで
めちゃくちゃ見たくなっちゃいました。
またやらないかな~


> >それをこっそりサポートしあう奥ゆかしさにまた身悶える
> そうですよね!この二人は、揃って奥ゆかしいんですよね!そこが魅力な訳です。まさに、月明かりの二人。
> 今でも特別な関係に違いありません!
> 立ち位置は変わらず「端っこ後ろ」だし、ジャケット写真は相変わらずサイズが小さいし。
> (これには、私は結構不満なのですが。Battle and Romanceでは5人の顔サイズが同じだったというのに、5thではあからさまなサイズの差が付き、最新のMOON PRIDEでもサイズの差がむしろ拡大。ももクロを、事実上、百田夏菜子withももいろクローバーZにしてしまっています。嘆かわしい。)


そこは何とも言えないですね~
おいしいと思ったことはありますけどね。
たまには前に出ても面白いとは思います



> 今や覚醒しているれにちゃんは、月明かりと思わせて、時折、強烈な光を放ち(ぶっこみをして).目をくらませます。(二面性の魅力で人を虜にします。)
> 必ずや、ももかを導こうとしているに違いない、と想像しています。

ももかの目も眩んでる可能性もあり得ますけどねw



> そんな中での
> >例えば昨年末にUSTでももかがれにちゃんに
> >「5人だとしゃべれなくなるんだよね」と相談したような
> これは、グッと来ますよね〜!
>
> ももかも、Chanのミックス・ケチフライのような「ぶちかまし」の味を出して来ており、れにちゃんの愛のある弄りもあって、覚醒に向かっているように思います。
> 弄りでの、ももかの反応、
> >有安「もういいようちはバカだよ・・」
> これと、
> >有安「一言言って良い?やっぱバカなの?」
> これは、まさにボケと突っ込みの両面です。れにちゃんへの返信受け答えで、ももかの対応力が磨かれて行っているのは、間違いないと思います。

れにちゃんと組むとボケがおおきいからつっこみやすいんでしょうね
れにちゃんは生きた教材だと思います



> >ももかがれにちゃんに対して呆れたように
> >「やっぱすごいわ高城さん・・・」と漏らすのがだいぶ好きです。
> 激しく同意します!
> ももかは、れにちゃんをリスペクトし、れにちゃんは、ももかを導こうとしていますが、お互いを支え合う対等の存在、苦しい時からの同志、特別な絆なのですよね!
> だから、誕生日のような改まった言葉はむしろあっさりで、先日のブログのような突発的な愛の告白のようなやり取りにこそ、二人の真の愛情や関係性が現れるのでしょう。
> ももくらでの共演を心待ちにいています!(でこぼコンビもですが。笑)


ももくら好きですね~w
むしろ全員待ってる疑惑すらあり得るんだけど?ww
[ 2014/08/07 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/306-a714bdb6