上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
トレチノイン痩せた芸能人








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高城れに物語 第一話(生誕~幼児期) 「れにの問題と母の問題行動」

new_18db4427.jpg











ズレ修正版です
こっちを見てください
http://takagireni555.blog.fc2.com/blog-entry-385.html











         ____     ━┓
       / ―   \    ┏┛
     /ノ  ( ●)  \   ・
      | ( ●)   ⌒)   |        これは一体どんな記事なんだお?
      |   (__ノ ̄   /
      |            /
     \_   ⊂ヽ∩\
       /´    (,_ \.\
         |  /     \_ノ






       ____
     /⌒  ⌒\       ここだけの話管理人は「やる夫と学ぶ野村克也」が大好きなんだお
   /  癶   癶 \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   あの作者は天才なんだお
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /    その企画を丸パクリしたのが「高城れに物語」なんだお








            ______
        /         \
      / /・\  /・\ \     丸パクリしてもその記事のクオリティには遠く及ばないから
      |    ̄ ̄    ̄ ̄   |   
      |    (_人_)     |     このブログだけの切り口という自分の信念には抵触してないんだお
      |     \   |     | 
      \      \_|     /     意味がわからないけどそうなんだお










やる夫と学ぶ野村克也を知る以前に高城れに物語という記事は作ったことあるんだけど
今回はAAを軸により詳しくやる形式なんだお


   /     \
 / ⌒  ⌒ ヽ       __________________
/  (●)  (●) |     /
| ::: ⌒(__人__)⌒:: |   <  ま、そんな事はどうでもいいんですけどね
|      |r┬|   i     \__________________
\    ー―' _/.   | |            |
  ⌒ヽ ヽノ ヽ     | |            |
/   ノ::::::::::::::::::l\.   | |            |
ヽ  `ー― ⌒、ヽ    |_|______|
  ー――、_ヾ⌒ヽ~== | |  |










             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      こまけぇこたぁいいから高城れに物語
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\    楽しんでくれたらうれしいお
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |  真実9割くらいでちょいちょい話膨らましながらやりたいお
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /








       ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ●)  (●)\      それでは始まり、始まりだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /











高城れに物語


                                 オ
                                  ギャ   オ
                                   ア    ギャ
                     _____________ ア
                    ////\|/////////\
         .        ////|___|.////////::::::\\
                /∠∠∠∠∠ ∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::: \\
                  ̄|:::: ┌┬┐┌┬┐┌┬┐ :::: |:::::::::::::::::::::::::::::| ̄
         . ''" ~"'''"''"~ |:::: └┴┘└┴┘└┴┘ :: |:::::::::|||||||||::::::::|~"''""'~"~"..''""~
         TTTTTTTTT |__._._._._._._._.____._.___._ |:::::::::|||||||||::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         :: :::""" ~".':::::::::::::::::  ::::::::::::::::: """ ~".' :::::::::    ::::::::::::::::::::~~"'':::::::::::::
         :::::::.....  ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...::::::::::::::::...    ::::::::::::::::...
            ..................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::................   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::: ...::  ::::::::::::::::::......:::::::::::::::

1993年6月21日。
高城家の長女としてれには生を受ける。










new_a11ntg

予定日より1ヶ月早く生まれたのだが3040gという極めて健康な体重であった。
しかしその1ヶ月早く生まれるというおっちょこちょいぶりは
成人になってからもしっかりと受け継いでいるチャームポイントになっており
歌が走ってしまうのも仕方がないことなのかもしれない。
もはやそれは運命(さだめ)でいいんじゃないかな。










E38284E3828BE5A4ABE381ACE38184E38190E3828BE381BFEFBD97EFBD97EFBD97EFBD97EFBD97.jpg

れにというありそうでない絶妙に個性的な名前は
母親が持っていた人形の名前から名づけられた。
実際には自分がなりたくて子供が生まれたらつけようと思っていた名前を
人形に付けていたのである。
男の子だったらセレンだったと言うのだから
セーフというべきか何と言うべきか。
れに以外ならとんでもない名前になっていたかもしれないのである。










しかし父親にも希望の名前はあり
それは「あんず」という名前だったのだが
両者どちらも譲らず運命をジャンケンに託すことになるのだが
その結果は誰よりみなさんがご存知のことだと思います。


  __,冖__ ,、  __冖__   / //
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /   /\___/\
  __,冖__ ,、   ,へ        /  ノ'  'ヽ、  ::\
 `,-.  -、'ヽ'   く <´   7_//| (○), 、 (○)。 ::::|
 ヽ_'_ノ)_ノ     \>    / |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :|
   n     「 |        .|   / r=‐、 ヾ   ::|
   ll     || .,ヘ   /   |  l| |,r- r-| |l  :::|
. n. n. n  ヽ二ノ__  {    \. ヽ`ニニ´ノノ.::::/
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ. /`ー‐--‐‐一''´\
  o  o  o     (,・_,゙>  /


個人的にあんずという名前のれにちゃんも結構良いなぁと思ったけど
ももかと若干被るのがももクロとして良いのか悪いのかw









                 |:|          | | |
                 |:|≡        | | |
                 |:|          | | |
                 |:|≡. ガラッ    | | |
                 |:|_______ ヽ| |
   ==============|:|..―――――┬ | |
  ※※※※※※◎ |:|-(~)-       | | |
  ※※※※※※※ |:|_|_|_|_|)      | | |
  ※※※※※※※ |:|‘ω‘゙) 来たよ~おばあちゃん、おじいちゃん。
  ※※※※※※※ |と::::ソ:::)___| | |
  ※※※※※※※ |:|ノーJ       \| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      γ⌒⌒ヽ
       彡´⌒`ミ      (从从从_)
        (    ´・) ̄(;;゚;;) ̄(・`    )) はいはいいらっしゃい、
       /::::::::つ旦      旦と  ヽ 寒いから早くコタツに入りな
 .     (_ ゝ※\_____\__,ノ  えみちゃん。
         \\ ※  ※ ※ ※ ※ヽ、
           \`ーーーーーーーーヽ
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

れにはその名前が最初はいやだった、
それは一回でちゃんと聞き取ってもらえないからで
実のおばあちゃんにも実名で呼ばれたことがないのである。
しかしももクロに入るくらいから良い名前だなぁと思うようになり
この件に関してはめでたしめでたしである。









少し脱線したので生後に話を戻しまして・・


          |∧_∧  パシャッ
          |・ω【◎】      .∧_∧    パシャッ
          | っ 9      【◎】\) パシャッ
          |―u'        └\ \
. ∧_∧  /               く ̄(
( ´∀【◎】  カシャ!   _,,..,,,,_    ポッ
(つ   9  \     ./ ,' 3 `ヽーっ      \  . ∧_∧
| | |         l * ⊃ ⌒_つ   カシャ!  【◎】ω・` )⌒っ
(__)_)        `'ー---‐'''''"       /  しと,.__,.,.._っ
         ∧_∧
          (   )】 パシャッ
         /  /┘   パシャッ
        ノ ̄ゝ

れには結果として高城家の一人っ子だったので両親の愛情を一身に受け続けることに、
その結果かどうかわからないが少し変わった幼年期を過ごすことになる。









       。
    ''  , .:   ..,,  .,,
    ..  "'' :: . ,,.:. `::. .  '' .. '
         `" 。   `:. ,,
       ''   `,.:: .  ,.:  .::`: .,,   ..
   ,,  ,    '' ';:: .      「入:.
 ..     ..   ;::f~ヽ  , .:::   .:  `:.  ',
 ,.. -―……‥,;: :‘^  r勹:: :.,, o ::: . ..`:.,                    _
 V> ..,,"   ,, .:: .:: :: . `⌒x-、 ::: . ::,, `: . _              _ //
  Vニニ`ニ=‐- ..,,_:: r-,..::'-=':. ... . ・ ,,  `', `  、           r┴-' /
  Vニニニニ   ニニ`ニ=‐- ..,,_匕7:: :: . ... `:.,   `丶.,_ , -――≧ァ'´
   ` ー-=ニ._   ニニニニニニニニ¨ニ冖===―一=ニ://´ ̄ ̄l
          ‐=ニ..,_ ニニニニニニ三三三三三三∠/ >   ` ̄匸_
          f≡=-.:::`¨ニ ー-=ニ二三三三二ニ=-‐'       >   `ー
         ((    ,≦,,_::. ,, ,, ,, .::_,,≧、   ))               >
          ` ー-'≡≡' 二 二 '≡≡'-‐ '


それはもしかしたら母親の手料理が育んだものかもしれない。
「コンニャクに穴をブスブス開けて、
油をひかずにフライパンで焼くとナタデココになるはず」
というわけのわからない料理観を持った
お世辞にもまともとは言えない母親だった。








    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽミ   .ll        お母さん今日もニラ玉なのねん・・。
    / /て^ヽ   ::::::::::::::::;;;;;;;:::::ヽ  ,.ノ
    /  |o ゝ,_ノ|     ::/^'ヽヽ::::::l'^~            これで一週間連続なのねん。
  ‐/-,, ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o.|:::::l
   l  ~^''     `‐'   ヽ..,,_( )ノ  :l
  '''l^^~~~   (         -‐‐‐--l-
   ヽ、 ,,,,   `'''''^''''~    ~^'‐..,,_/
    / (:::::}         ,,,,   イ~''
    l:  ~~         {:::::)  ::l
   l:              ~~   l
   l、                 l>
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~             ^'‐‐~










new_a13_20130915180245bb2.jpg

母親がれにの異変に気づいたのは幼稚園に入ってから、
極度の人見知りで人がいっぱいいると自分の殻に閉じこもってしまうのである。
ある程度はわかっていたことだがここまでとは思ってもいなかった。









                     _,,,,,,,,,,,_
      _,,,,,,,,,,_          ,r'~:::::::::::::::~''-,
   _,.-''~::::::::::::::ヽ、_,,,..-‐‐-...,,,_/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::::::::~:::::::::::::::::::::::::::~::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ,r':::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::='^~~~^^''‐l
 l::::::::::::::::::::;;:-       ::::::::::::::::::::;;;::::::::ヽ    /      だ、だって・・・。
 l::::::::::;;:-''~ /   _,,,.-''~   ::::::::/^'ヽヽヽ  ./        怖いんだもん。
  ヽr'~   ll l‐t''~,r'~~'ヽ     |ゝ.,_ノ o.| l'''~
   ~'-.,,__,,,l l l | o ゝ,__ノ|   _,. ヽ..,,_( )ノ l
       l l l ヽ( )_,,.ノ         _,,,..-+  
       'l _,,,...-‐-    (__人__)   ,,,___l
       ゝ  ,,,..-‐             /
        ヽ、             /
          ~7:  r'^:ヽ   r'~:ヽ く
          l:   ゝ;ノ   ゝ;ノ ヽ
          l              l
        <l             /
          ,ゝ、,,,,,,,,..................,,,,,,,,,.-ヽ
         '‐-‐~         ~‐-~

ずっとお母さんのスカートの中に潜って
相手から何か話しかけられても「うん」しか言えなくて、
そんな感じだから幼稚園に行くのが嫌で嫌で
毎朝お母さんと格闘して引きづられるように行くのが日課であった。









                                                                   
                                                     ,rへr、        /
                                                  ,r'⌒'/  f \   イ\/
  、 、                                              ノ.  イ  |i <⌒'; ; ; ; ; ; \
  爻、                                   ,rヘ _ ,rヘ三三  彡; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
. 、彡ミ.i '~゙゙ ゙゙ ¨ ミx、                       /             ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; j ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
 _爻爻ミ. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、                /              ノ; ; ; ; ; ; ; ; ;彡ミ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
 =爻彡ミミ、. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、         /      ノ'´  ̄ ̄  ̄ 人; ; ; ; ; ; ; ; 三; ;≧; ; ; ; ; ; ; ;
_,爻彡ミミ;x_. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、    厂      厂´   〃 ̄ ̄¨  {; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ミ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
彡ミミミミミミミ=. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :'彡ミ_k   ¨ミx、/       /     イ      .人; ; ; ; ; ; ; ;彡三; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
彡爻ミミミ.ミミ、.. :. :. :. :、. :. :. :. :. :. :. :. :爻爻ミ、.i、    ノij へ'⌒ヾノ从  /´¨'       {; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ミ三ニ≧; ; ; ; ; ; ;
爻彡ミミミミ;:'. :. :. :. :,爻、. :. :. :. :. :. ;:イ爻爻ミミミ、.i、  rルゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハミz ;{; ; ; ; ; ; ;v,l|V::从X、ノメ; ; ; ; ; ; ;
爻爻ミミミ爻彡.. :. :,彡ミ、_. :. :. :. :. :v,l|V::从X、ノメ..x,,;..v、 v爻ミミ〉ミ爻彡x;: ゙爻:";vミ'〈゙ x彡γ; ; ; ; ; ;lW:八ヘ{V::从ivヾ;;); ; ; ;
爻爻彡爻ミ爻. :. :爻爻ミ、.. :. :. :.. ::lW:八ヘ{V::从i.爻爻ミ゙'爻ゞゞ;;yゞ彡ヾミメ゙';ゞ;,”v:";v〃ヾ爻; ; ; ; 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ; ; ; ; ; ; ; ;
ミミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻. 爻彡ミミ. :. :. :. :. :XゞV:从XゞViv:l;,ゝ);'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ゝ,ハ';'シハノシ;:ツノノ;:'ハ;;:.}; ; ; ; ; ; ;
爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミ. :. :. :`彡ハノ;|ililヾvフ'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ'レゝ,ハ';'シハノ,r≦三ノノ ノ'ノ,'ハハゝ; ; ; ;
爻爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミ  イレゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ'レゝ,ハ';'シハノシ;:,≦´ ̄  ̄ノ  {    }ノ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
爻爻爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミミ三三 三≧=='´ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ < ‐=≦´.  人   厶; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
: : : : : :<´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄      廴__ _ ______ ___ __     `ー === 二二 二二三
: : : : : : : :\  __,   。                                    ` ー 、__ ___ ___
: : : : : : : : :ノ  ゚゙    .__,     ~' ',;''    .__,                            __,             
: : : : : : :/  。     :::...            ゚゙::...   ~' ',;''           ゚゙.。            __, :::...゚゙
: : : : /                          __,      :::...



両親はこのままじゃいけないと思い
休みの日には積極的にアウトドアに連れ出した。
そういう場ではれには生き生きとしているのである。
どうやら外に出るのがいやというわけではないようだ。
かと言ってこの経験が無駄になったということはなく
むしろ後の高城れにという人物を形成する重要な体験だったかもしれないなぁと。








                  _,..-‐‐-..,,_
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;;l
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡     l
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,,-''
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l.
     .l ヽ( )_,,.ノ  `'      _,,.-‐''',,,l,
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r'::::::l   パパ~魚釣りしよ!魚釣り~。
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ
     -''ゝ、 ,,,   ゝノ        /
        ''r':::ヽ           /
        ゝ;;ノ          ヽ
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ
        ~‐‐'~         ~'‐‐~


母親自身が小学生時代極度の人見知りだったがそれを克服して、
(克服どころか)逆側にメーターが振り切れるようになった経験を持っている。
それがゆえに人見知りが損をすることが痛いほどわかっており
何とか早い段階で克服しようとやっきになるのである。













れにママの人見知り克服大さーくせ~ん



              / ̄ ̄ ̄ ̄\
        / ̄ ̄ /;;::   / ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ̄/;;::    |;;:: ィ●/;;::   / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /;;:::  |;;:: ィ●ァ |;;::   |;;:: ィ●/;;::       ::;ヽ
   |;;:: ィ●|;;::      |;;::   |;;::   |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
   |;;:::   |;;::   c{ |;;:::  |;;::   |;;::        ::;;|
   |;;::  c|;;::  ___ヽ;;::  |;;:::  |;;::   c{ っ  ::;;|
   |;;::  __ヽ;;::  ー / ̄\;;ヽ;;::  |;;::  __  ::;;;|
   ヽ;;:::  | ̄\;;  /    / ̄\;;ヽ;;::  ー  ::;;/
   | ̄\;;: |  |    |   | /   / ̄\;;::   ::;;/ ̄|
   |  |   |   \   |   レ  /            |
   |   \ \  \..|  / /  /         /   | 
   .\   \ \   | ././  /        /   /
      \   \ \ .| /  /      /   /
       \   \ヽ|/  /      /   /
       (__(__(__)       (___)
      / ̄/ ̄/ ̄/              ̄ ̄ヽ
      / /  / /                     '、
.     / /  //     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |
   ;' /  /     /        ヽヽ|      |
   | / ./     /           ヽ|     |
   |;/     /                 |     |
   (_____)                (_____)



それは習い事を鬼のようにやらせることであった。
ヒップホップから始まり、タップダンス、バトン、チアリーディング、ジャズダンス・・










英会話に公文に学習塾

3aa35473.png

毎日なにかしら習い事があったどころかふたつ重なる日もあったりした。
当然無理やりやらされるものは身につかずれには辞めたくて仕方なかった。











2358158.gif

れにママがなんでそんなに詰め込んだかというと
最初にダンスをやらせたら恥ずかしがりやなのにすごく踊るれにを見て
あれもこれもとなってしまったのである。
その結果友達と遊ぶ時間がなくなってさらに人見知りになったとか何とか。










              ∧∧
             ( ゚∀゚) Let's Go Fever Time!
            ⊂  つ
             (つ ノ
              (ノ
     \      ☆
             |     ☆
          (⌒ ⌒ヽ   /
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /
      ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )
     (´     )     ::: ) /
  ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )
     (⌒::   ::     ::⌒ )
    / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─



そんなに詰め込まれ一時的にれには爆発してしまう、
このとき生まれたのがれにちゃんの口癖「助けてー」
であったかどうかはわからない










しかしながら当時の英会話の授業参観において
高城れにの資質が見え隠れしているような気がしないでもない。

d3fc6a8a6cbbad87d31726e9c2e35da0.jpg

先生「黄色い食べ物は?」

生徒A「バナナ!」
生徒B「レモン!」
生徒C「オムレツ!」
生徒D「チーズ!」
生徒E「コーン!」
生徒F「マンゴー」
生徒G「パプリカ!」

先生「はい、では高城れにさんは何か無いですか?」










    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      ::::::::::::::::::::::::::U::ヽミ   .ll
    / / ̄^ヽ   ::::::::::::::::::::::U:::ヽ  ,.ノ ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    /  |  ・ .|     :/ ̄^ヽ:::::::l'^~ .<
  ‐/-,, ヽ,_,,ノ      |  ・  |:::::::l  <  __|__    ┌──┐
   l  ~^''     `‐'   ヽ.,_,,ノ  :l  <     |       ./    |
  '''l^^~~~    / ̄ ̄ヽ    -‐‐‐--l-  <  ___|___  ノ  ー─┤  __
   ヽ、 ,,,,  | |||!|||i||!| |   ~^'‐..,,_/  <     │          /     |ノ
    / (:::::} | | |ll ll !!.| |    ,,,, イ~'''  <     │         /     丿   ア  ァ  ァ  ァ
    l:  ~~  | |!! ||ll| || |   {:::::) ::l    .<
   l:      | | !   | l    ~~  l   <
   l、     ヽ`ニニ'ノ       ,l>    V V V V V V V V V V V V V V V V VV V V V V
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~             ^'‐‐~

「あの~えっとその~・・・」










o0450029312108490118.gif









                     _,,,,,,,,,,,_
      _,,,,,,,,,,_          ,r'~:::::::::::::::~''-,
   _,.-''~::::::::::::::ヽ、_,,,..-‐‐-...,,,_/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::::::::~:::::::::::::::::::::::::::~::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ,r':::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::='^~~~^^''‐l
 l::::::::::::::::::::;;:-       ::::::::::::::::::::;;;::::::::ヽ    /
 l::::::::::;;:-''~ /   _,,,.-''~   ::::::::/^'ヽヽヽ  ./
  ヽr'~   ll l‐t''~,r'~~'ヽ     |ゝ.,_ノ o.| l'''~
   ~'-.,,__,,,l l l | o ゝ,__ノ|   _,. ヽ..,,_( )ノ l
       l l l ヽ( )_,,.ノ         _,,,..-+  た、タクア~ン!!
       'l _,,,...-‐-    (__人__)   ,,,___l
       ゝ  ,,,..-‐             /
        ヽ、             /
          ~7:  r'^:ヽ   r'~:ヽ く
          l:   ゝ;ノ   ゝ;ノ ヽ
          l              l
        <l             /
          ,ゝ、,,,,,,,,..................,,,,,,,,,.-ヽ
         '‐-‐~         ~‐-~









c09392aa.jpg






 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| (     )  どうしてこうなった・・・
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /
 ___
/ || ̄ ̄|| ∧_∧
|.....||__|| ( ^ω^ )  どうしてこうなった!?
| ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
|    | ( ./     /

 ___ ♪ ∧__,∧.∩
/ || ̄ ̄|| r( ^ω^ )ノ  どうしてこうなった!
|.....||__|| └‐、   レ´`ヽ   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/ノ´` ♪
|    | ( ./     /

 ___        ♪  ∩∧__,∧
/ || ̄ ̄||         _ ヽ( ^ω^ )7  どうしてこうなった!
|.....||__||         /`ヽJ   ,‐┘   どうしてこうなった!
| ̄ ̄\三  / ̄ ̄ ̄/  ´`ヽ、_  ノ
|    | ( ./     /      `) ) ♪


母「もう私がっくりきちゃって、タクアーンてイントネーションだけ英語でね(笑)」
娘「だって全部言われちゃったんだもん仕方ないじゃん!」
母「引っ込み思案だったから、ハイ!って手を上げられなかったんだよね」
もうそんなことがしょっちゅうだから勉強系の習い事は全部やめさせた母なのであった。











しかしれにだけが変なのではない
高城母からして(当時)相当おかしかったのである


             .. -:.─:- ..
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、         .. -:.─:- ..
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
        i´`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        l    、:.:.:.:.:.:.:.:イィィッッッ_'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, -─‐- ハ
.        :.  ,vv.:.::''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      `}
.        \ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ィ        ,′
.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡     /
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. __ <__
.          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,rッ=≦:..:.:.:.:.y⌒)´.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
         ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,rチ''"       i  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.     __i≧rz、                   |  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    \:.:.:.l    -         --─   ゝ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    <:.:.八             ─--     ̄ >、:.:.:.:.:ヽ ̄
     ∠:.:.:.ヽ  (_ ノ-‐'′           /    ̄ ̄
           ̄ `  .                 _ く
              ` - イ              '.
                  /              .
                 {  /               i
                  Y             |
                    l         \|  ノ
                 〉.. __         _ イ
                   /   /  ̄ ̄ ̄ ̄{.  }
                  ww′         ww′


れにのことを人形として見てた疑惑があるのである。
髪は染める、パーマはかける、エクステはつける
そしてなぜかルーズソックスを毎日履かせて幼稚園にいかせていた。
布団の中でごそごそやってるなとれにが思ってたら
次の日鼻にピアスをした母がいたのである。
普通の家族が年に1回あるかないかの大事件を
毎日のように起こす母から生まれ一緒に過ごしているのだから
れにが変なのもある種当たり前のことなのである。
むしろこの母親に比べたら・・と思うことの方が多いくらいだ
※今となってはお人形疑惑については若気の至りで恥ずかしいと述べている









        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

そんな変な親が変な子を矯正しようとしても
余計変になるばかりなのはわかりきっているのだけど
今しばらく嘘みたいな高城家の親子観察にお付き合いください








   ∩∩∩         ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )  だおwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/
.      \     | |  |     /
          | |  |
           `ー'´






MCZGT_RT_20150215101002700.png





唐突に始まってしまいました
導入ってことで少しあっさりめに。
完全に見切り発車なので続きはどうなるかわかりませんw
この次の小学生時代~中学はいるかどうかくらいまでは確実にやります。
もし書き上げられるなら15~20回くらいにまとめたいとは思ってます。
というわけでアンケートにご協力お願いします。




スポンサーサイト
[ 2015/02/15 20:36 ] 高城れに物語 | TB(0) | CM(1)

ママ、ヤバしW


ここに記されている物語が
ほぼ事実という驚愕w

盛ったりふざけたり、何なら嘘でも
ここまでの事にはならないであろう
れにママの凄さw

しかし、その類い稀なる
個性の塊のママであったればこその
「れに」という命名。

AAを挟むことで記事作成の手間が...
...大丈夫っすか?管理人さんW
今後も長く続くであろうこの物語を
楽しみにしております。
[ 2015/02/15 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/379-4b2b406d