上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
トレチノイン痩せた芸能人








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あーりんの成人式なので彩高と私の歴史 ラスト

C1qD0sXUsAEbxHN.jpg











2013年7月6日の記事「このブログ的高城れにちゃん10大ニュース」に
あーりん・れにちゃんのユニット名にでこぼこんびが追加されたことをネタとして10位に挙げました。
その時の話の流れがこちらです。


この二人のコンビ名はこれだ!っていうのが無く
他のコンビに比べてなかなか定着しないんですが
でこぼこんびどうでしょうかねぇ?
れにちゃんが「でこ」であーりんが「ぼこ」かな

最年長最年少はこの二人を表す言葉としてはいいんだけど
堅苦しいし言いづらさがネック

最近はれーにんを推す声もあるんですが
それだとれに・しおりんでもそうなるんですよね
あとれにちゃん一人でもそう呼ぶ人もいるっていう。

これまた最近の呼び名で彩高(あやたか、さいこう)っていうのも
あるんですがこれはなかなか上手いと感じました。
個人的なネックはバクマンの作者の当て字臭が幾分するってことですw

私もちょっと新しい呼び名を考えてみました
れにの「れ」とあーりんの「あ」を取って「レア」
二人だけでの活動が少なく希少価値があるってことで。
(もっと増やしてくれ~)
ただいわゆるキラキラネームっぽいし
二人の活動が多くなると使えなくなるので完全没w

あと二人の時はごっこ遊びが好きなお子ちゃまになるので「幼児(化)コンビ」
りんりんコンビに対抗してれにたん、あーたんの「たんたんコンビ」
どれもいまいちですかねw

私の予想ですが「でこぼこんび」が定着するのは
ちょっと難しいかと思ってます。
この名前だとこんびまで入れて一つの名前なので
ちょっと言いづらくなっちゃう気がします。

コンビ名が安定しなかったれにとしおりんのコンビも
最近はタ行で落ち着いてる気がするし、
れにとあーりんもそろそろひとつ軸が欲しいですね



この当時彩高というワードは2ちゃんかどこかで1回見ただけなんだけど
なんか頭に残るものがあったのでそういう評価でした。
「さいこう」とも読めるのがいいなあって。
だって最高じゃんねぇ?

2014年1月18日には今回のブログ記事のようなれに・あーりんの歴史を記してます。
改めて見ると何回振り返るんだと恥かしくなってくるわw
その時はこのコンビの仲が深まるわけをこう書いてますね

高城れに:
あーりんは前までは誰かの前で思いっきり泣いたり
自分の素をみせるってことをあんまり分からなかった。
だけどあかりんが抜けてからの7番勝負で、
MC担当のプレッシャーですごい泣いたことがあって、
そっから変わり始めて、それでこれ(白秋)があったから
これで全部の殻が破けたんだと思う。
あのあと一緒にやっててそういう感じがする


れにちゃんって基本的には受け身体質で
好きになってくれる人に惜しみなく愛情を返したい子だからさ、
あーりんはバランサーに見えてほんとのとこは自分の気持ちにまっすぐな子
ただ不思議なのはれにあーりんコンビが好きな自分からしたら
好き好きしすぎだろって思うくらいなのに
あーりんが好きなももクロメンバーは誰?みたいなクエスチョンがあると
見事なくらい分散してしまうこと。
「れにちゃんだろどう見ても」って一体何回思ったことか。

ももクロは個人の人気はどうでも良かったけど(どうでもってほどでもないが)
この頃はどのれにちゃんコンビが人気があるか興味深かったなあ

fdrfrg.jpg

tttthh.jpg
tgftf.jpg

これは結構予想通りだな。
みんなに「でこぼこんび」の良さをもっと伝えたいな~って無性に思った。
このコンビがフィーチャーされたのが比較的最近だからしょうがないけど。
そんな期間とか吹き飛ばすくらいの爆発的な良さを持ってるんだ。
このブログでもでこぼこんび関係の記事はコメントの伸びも良く
好きな人は大大大好きなコンビ。
いかんせん公式での露出が少ないのがね・・、
今年はやってくれるだろうと運営さんのセンスを信じるしか。
出してくれさえすれば結果は残すだろうしただそれだけ!


ここまでは孤独にれに・あーりんを応援してた気分だったんだけど
あるときを境に彩高推しの戦友が出来た気分になります。
2014年4月23日「彩高?でこぼこんび?最年長最年少?れーにん?うーん・・・祭り!!

たぶんこの時までtwitterを使うことはあまり無かったんですが
熱い彩高推しのおかげで楽しさに気づき
以来毎日といって良いくらい彩高を検索してます。
更新が止まって完全にももクロが自分の中で止まってたときですら
彩高検索はやむことがなかったです。

とりわけ凄かったのがさやさんとIKKOさん。




















ほんとこの二人やばかった・・・
彩高で検索しても出てくるの大体このふたりw
でも見てみると「りゅうねさん」とか当時からいたんだね
今、熱心に布教してくれてる彩高推しのひと。
彩高推しは一途過ぎてこわい。
そしてこの記事をきっかけにさやさんたちと紫苑さんが出会い
彩高が加速度的に流布していくことになる。
自分はネットでのコミュニケーションをあまり進んでやるタイプじゃないのですが
彩高に関しては僕もちょいちょい加わったりしてました。
なんかブログやってて一番楽しかったときかなーなんて。
その彩高推し仲間って女子だらけだったからかな?w
みんなそれぞれ忙しくて前みたいに痛いこと出来なくなったけど
語らずとも心の中に彩高がいるのを確信してるのでそれだけでつながってる気がします。
みんなの熱意はあーりんに受け継がれ
そのあーりんの奮闘により「彩高」という呼び名が定着しつつあります。
私はこの彩高という人知れず生まれたワードが公式となっていくことを嬉しく誇らしく思い
「笑顔が一番れにちゃん!」並みのファンの発明だと勝手に思ってます。
ほんとなら4記事くらいいきたいとこだけど急激に終わらすことをご容赦ください。
けっきょく山場はさやさん登場あたりなのでそこが終わるととたんに疲労が・・・w
というわけでこれからも彩高ならびにれにっきをよろしくお願いします
スポンサーサイト
[ 2017/01/11 20:46 ] でこぼこんび | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/539-03624f44