上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
トレチノイン痩せた芸能人








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高城れにエピソード集 VOL8 「乙女?おっさん?乙女?おっさん?うーん!れにちゃーん!!」

497_20130810183427a50.jpg











・寂しがり屋の高城さん


百田「高城さん結構寂しいって言ってんじゃん、
   ライブの前とかすごい寂しがってんの。
   かわいこぶってさみしいよぉ~って言ってる(笑)」
高城「うなづいてんじゃないよそこで(スタッフに)、
   でもたまにすっごい寂しい時あるよね?」
百田「あるよね!すごい抱きしめて欲しい時ある!
   うちらよく抱きしめあってるじゃん」

高城「わたしかなこちゃんの寂しい時分かるよ!」
百田「うそ?なんでさそういう時にソっと抱きしめてくれないの?」
高城「うちらどういう関係だよ(笑)」
百田「私はソっと抱きしめて欲しいそういう時は」

高城「私の時はどうする?(甘えた声で)」
百田「れにの時はすごいほっといて欲しくないくせにほっといてくれオーラを醸し出す。
   そんでわざと遠い人のところへ行くんです」
高城「ちょっとその場から離れて。だけどかまって欲しいのホントは!」
百田「でも構い辛い空気を出すでしょ?」
高城「でもかまってよ!それでも」
百田「なんか、だって。触れないでおこうと思う」
高城「ぬぅあんでぇ、触れて!」
百田「じゃあこれから頑張って触れるようにする」

高城「じゃあかなこちゃんが寂しそうだなって思った時はソっと抱きしめてあげる」
百田「ありがとう(笑)」
高城「かなこちゃんも私が寂しい時はほっとかないでね♡」
百田「ほっとかないで、ちゃんと高城のとこ行って、ソっと肩に手を添えるから」
高城「分かった(笑)じゃあそうしようお互い」





g8629966.jpg





12969301.jpeg





tumblr_ml3a2ejb251qf4yc3o1_500.jpg









・ある日の高さんの1日(2011-11-18)


今日恥ずかしかったこと…(笑)

朝友達とコンビニ行ってたんだけどくしゃみがでそうで友達に「ヤバイ」って
言おうとしたら我慢できなくて「やびゃっっっくしょん!!」ってすごい勢いで…
周りにいた人みんなガン見で友達爆笑Σ(ノд<)

で学校ついて体育の時間テニスやってるんだけど一人ルンルンでボールをラケットで
ポンポンやってたら思い切りうったボールが自分の顔に直撃!!
本気で痛くて鼻折れたかとオモタ(;_q)
で、こっちは痛くて泣いてるのに隣でまたもや爆笑Σ(ノд<)
「青くなってるよキャハハハハ」とか言って…

で、色々あって疲れちゃった私はウトウトして軽く寝ちゃったのね~
したら友達が起こしにきて顔あげた瞬間ヨダレが(;つД`)
「うわっきたねっ(笑)」ってガチで言われて高城ショックショック!
そのあともイス座って話してたらいきなりスベって地味にこけたりー


もー大変な1日でしたしょぼん(笑)

ま、なんだかんだ楽しかったからいいや

明日はどんなことがあるのかな





vJBOU.jpg





o0480027012583103721.jpg










・高城さんの女子力


高城「私普段ハンカチも持ち歩かないよ!」
有安「え、まじで?それはわたしちゃんと持ってるよ」
高城「ハンカチもティッシュも持ち歩かないよ!メンバーは持ってるよね結構。
   ティッシュって言ったらくれる。でもハンカチはそうそういないよね持ってる人?」
有安「いやいやいやいやいるでしょ!だってトイレのあとどうするの?洗って」
高城「パッパってやるパッパって、服で拭く」





dfdfdg.jpg





mop9z.jpg










・バレンタインデー


玉井「2月14日バレンタインデーですねぇーー!!」
高城「やばいですねー!」
玉井「れにちゃんは今までどんな手作りバレンタインをしましたか?」
高城「今まで?何かぁチョコを溶かして流し込んだ!」
玉井「おい!(笑)それ手作りって言うかぁ?」
高城「玉井さんは?」
玉井「結構わたしちゃんと作ってるよ」
高城「玉井さんけっこうくれるよね!」
玉井「お母さんと一緒に作るんだけど、もらって嬉しいのは生チョコなんだけど、
   作るのはガトーショコラのチョコタルト。これは鉄板!」
高城「私玉ちゃんのクッキー好きだよ!あの薄っぺらくてなんか素朴な感じ」
玉井「ひでーなこの人(笑)軽い悪口だよ」
高城「一応褒めてる(笑)私サクサクとかさ分厚くて香ばしいっていうより
   薄っぺらいのが好きなんだよ!」
玉井「そうなんだ。じゃあ今年も作るね」
高城「うん!カリカリしてるのがいい」
玉井「いやーでも楽しみだね!女子が燃える1日だね」










・で本番


スタッフにバレンタインの手作りのお菓子を持ち寄ったメンバーに対し、
高城だけは「チョコを3つ持ってきました」とポツリ。
数が足りないことを指摘され、「後でお母さんが持って来てくれると思います」と“弁解”





IMG_2227@





g8689779.jpg











・ある日の高さんの1日パート2(2009-09-01)


今日1日☆

ただいまー∀
今日は学校だったょー

朝、満員電車の中で百円玉握りながら頭掻いたら首から百円玉おっこちて
背中をすり抜けスカートで止まった(゜_゜)取るにもとれない(汗)
スカートめくるわけにもいかんし~(´・ω・`)
だから百円玉背中に入れたまま学校いったよ
(・Α・^)

で、無事学校着いたんだけど全校集会で足しびれて大変大変-;

で、実は宿題がもう1つあったことを知らされまさかのマサカズ(・Α・^)

で、火災か地震か曖昧な避難訓練してグランドでたら
蜂にまとわりつかれて笑うしかない(゜_゜)

で、予想外の大掃除で汗だれだれに(>д<);;

そして帰りは胃痛に襲われ今に至る(*^∇^*)!!!

やっぱ学校大変だぁ~





699d2a31_640.jpg





8dce7ddede521ca000d969404b0999.jpg










・男子校ライブで・・・


玉井「男子校でライブだったということで。あれ誰かうちのメンバーさぁ
   色付きのプルップルのリップグロス塗ってなかった?
   男子校だからか知らないけど」
百田「そんなことある?男子校だけ、男子校だからって」
彩夏「え、気合入っちゃってる感じぃ?」
玉井「私じゃないんだけど最年長っぽい人が、
   いつもは普通のリップでいいですって言ってるのに・・・」
百田「ライブの時なんか絶対つけなくない?グロスなんて」
彩夏「薬用リップだよねいつもは」
玉井「今日はなんか色付きの・・・。」
百田「はい!目撃しました。高城れにがメイクさんに頼んでいるところを!
   「メイクさんメイクさんちょっと、色がつくグロスとか無いですかねぇ」って」
彩夏「きゃぁーーーー(笑)」
玉井「みんな年下だからねぇ、れにちゃん(笑)」
彩夏「そうなんだよ、かなこちゃんはタメが多くてね、うちらはみんな先輩みたいな」
百田「れにちゃんだけみんなより年上だよっていう話をみんなでしてたんだよね」
彩夏「むしろ最初はみんな年下かやだなぁって感じだったじゃん?行く前は。
   帰る時ね(笑)」
玉井「高校生いいなぁ(高城)」
一同「ハハハハハハ(笑)」





012/0717 469





03_20130810163116c47.jpg





ちなみにこれは男祭りの時のれにちゃん
t02200293_02400320122727761947










*ちなみにエピソード集Part1から参照として


・れにちゃんの女子力

お風呂上りに化粧水は一切塗らない
最近ハンドクリームは塗るようになったらしい
リップが無い時はベロでペロペロして天然リップ





308.jpg











・好きな人と席が隣同士になったら?


しゃべれないからひたすらガン見する
それでパッと目があったらちょっかい出す
ガン見してにらめっことかする変顔とか
ガン見してあっちが見たら消しゴム投げたりとか





4259.jpg





20110923223107.jpg










・女子力以前の問題ですが・・・


いたっ...(2009-07-28)

目が痛いよぉ(>д<)
こんな痛いのはじめまして~

コンタクト変なふうになったときより痛いよぉ

って思って鏡みたら入ってたのトウモロコシ( ̄□ ̄;)!!

あ、1粒まるごとじゃないよ!
1粒の中に入ってるかけらみたいなやつ....

みんな!!気をつけてね☆





s12487745051.jpg





玉さんのが入ったのかな?
s12751223781.jpg










・とにかくもうれにちゃんはガチ!


先日仕事帰りに買い物していたら、いつもよく見る顔が横切りました。
一瞬あれ知り合いかなと思いもう一度見ると、な・なんと高城れにちゃんの顔でした。
まさか本人?と思ってジーっと見ていたらこちらに気づいて会釈をしてくださいました
お母さんらしき人と一緒にいましたがすれ違って通り過ぎて後姿を見ていたら、
振り向いてペコリと一礼してくださいました。なんですかこの神対応は!
通り過ぎて10メートルくらい離れても一礼してくださった対応に感動しました。
そこで質問です、ももクロのみなさんは街で気づかれることはよくありますか?
また気づかれないために変装とかしたりするんですか?


高城「聞きました?わたしの神対応!」
百田「ちょっと待って、確かにいい対応をしてると思うのよ。でもジッと見てる人に、
   声掛けられてない人にめっちゃ会釈してんだよ!」
高城「ハハハ(笑)」

百田「ジッと見られてるだけで、あファンの人だ!って思ったの?」
高城「ファンの人とは思わないんだけど、よく街で目合う人いるんですよ。
   こないだも幼稚園か小学生の軍団にお帰りお帰り~って
   手振って歩いてたらめっちゃ睨まれた」

百田「なんだこのお姉ちゃんってなったのかな?
   高城さんは(街で)バレたりしないんですか?」
高城「全然しないねぇ。」
百田「れにはもう変装とか一切しないでどこでも歩いてるんですよ。」
高城「よくいる顔だと思う」
百田「でもねぇ。それでも”高城れに”さんですから」

高城「今日だってマネージャーさんとお昼ご飯を食べて
   ここまで電車で来たわけですよ。すっぴんは気づかないのはまぁ分かるじゃん?
   だけど今日バッチリメイクしてるし、ね(笑)
   何のマスクも変装もしてないの。普通に堂々と電車乗ってここまで来たんだけど
   誰一人として気づかれなかったよねぇ」

百田「え、でもそれは何でさぁそのまま歩こうとすんの?メイクしてて逆に」
高城「違うよ、ねぇ(笑)」
百田「気づいて欲しいんでしょ?だってここに来て大した撮影みたいなこと無いじゃん」
高城「確かに、あれ(百田さんは)今日?(笑)」

百田「私今すっぴんですけど(笑)全然いつもすっぴんじゃん?
   いつも撮影終わった瞬間すぐメイク落とすのに
   そうやって外歩く時ばっかりちゃんとメイクしたまま電車とかねぇ(笑)
   気づいて欲しいんでしょ!」
高城「違うよ違うよ(笑)確かに気づかれたら嬉しいですけど、嬉しいよ確かに(笑)」
百田「あ、気づいて欲しくていつも、何もしないで
   ちょっと歩いてるみたいな感じですか?」

高城「気づいて欲しくてってわけじゃないけど、気づかれたらいいなみたいな。
   百田さんはでも気づかれますか?」
百田「私は全然気づかれないですよ」
高城「うっそ!こんなん街にいたら気づくよねぇ」
百田「ほんと全然全然!」
高城「私だったら気づくけどね!絶対に」

百田「全然違う話してもいい?こないだももクロ5人でメールしてて、
   同じところ集合だったんですけど、集合する場所の最寄り駅に
   れにが着いたって言うから、私がもうちょっとで着くから待ってて言って、
   一緒に行こってなったら他のメンバーも私も!って言い出して、
   結局駅に5人全員集合してそっから撮影場所に向かうっていう
   よく分からないことになったんですよ」

高城「ばれなかったけど5人でいると結構目立つね」
百田「うちらうるさいんだよたぶん(笑)
   声掛けられないけど笑われることがよくあるよね」
高城「愉快ってことですよ。周りなんて気にしてられない!愉快ならそれでいい!」
百田「一番周り気にしてんの高城じゃんねぇ、なんなんだよ(笑)」





2011-10-22-A.jpg





2012_02_18_05s.jpg





ここまで変装しなくてもいいから
img_76883_22690125_0.jpeg





せめてこれくらいは
t02200330_0800120012599824862.jpg





もはやれにちゃんに男だとか女だとかっていう概念は野暮にさえ感じますね。
博愛主義の高さんは生きとし生けるものを愛するし愛されるべきです。





高城れにエピソード集 VOL1
高城れにエピソード集 VOL2
高城れにエピソード集 VOL3
高城れにエピソード集 VOL4
高城れにエピソード集 VOL5
高城れにエピソード集 VOL6 「アホで天然で人が良い」
高城れにエピソード集 VOL7 「高城家スペシャル」
高城れにの感性 Part1 「作詞編」
高城れにの感性 Part2 「なんかもういろいろひどい編」
高城れにの感性 Part3 「趣味嗜好編」

高城れにの感性 Part4 「あだ名編」
高城れにの感性 Part5 「れにちゃんと愉快な仲間たち~”るい”は”れに”を呼ぶ編」
高城れにの感性 Part6 「妄想・願望編」
高城れにの感性 Part7 「高城れに作品詰め合わせ編」
6月期このブログ的高城れにちゃん⑩大ニュース
ももクロUST24時間 PART1 オープニング
スポンサーサイト
[ 2013/08/10 20:07 ] エピソード集 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takagireni555.blog.fc2.com/tb.php/78-6e712c94